SBI証券がビットコイン先物の金融派生商品「ビットコインレバレッジトラッカー」提供開始

SBI証券がビットコイン先物の金融派生商品「ビットコインレバレッジトラッカー」提供開始

株式会社SBI証券が個人投資家向けにビットコイン先物を元にした金融派生商品である「ビットコインレバレッジトラッカー」の提供を開始することを2月9日に発表した。なお ビットコイン相場を対象とした個人投資家向け証券化商品の提供は日本初とのこと。

この「ビットコインレバレッジトラッカー」はシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)に上場している特定の限月の米ドル建ビットコイン先物を対象とするeワラント(有価証券の一種)となっている。

SBI証券のユーザーは、SBI証券のeワラント専用取引口座から、ビットコイン先物価格上昇時に値上がりが見込める「ビットコイン先物リンク債プラス5倍トラッカー」とビットコイン先物価格下落時に値上がりが見込める「ビットコイン先物リンク債マイナス3倍トラッカー」の取引が可能になるとのこと。「ビットコイン先物リンク債プラス5倍トラッカー」はビットコイン先物価格の変動幅の約5倍の値動きが見込め、「ビットコイン先物リンク債マイナス3倍トラッカー」は約マイナス3倍の値動きが見込める商品となっている。

「ビットコインレバレッジトラッカー」の特徴としては、証券口座からビットコイン相場へ投資が可能になること、1万円程度の少額からビットコイン相場に投資が可能になること、最大損失が投資元本に限定されること、ビットコイン先物を対象としているためハッキングや盗難のリスクがないことなどがある。

この「ビットコインレバレッジトラッカー」は2月15日から提供開始予定とのことだ。

編集部のコメント

民間会社が発行するオプションを証券化したものをカバードワラントと呼び、特に、eワラント・ファンドが発行するカバードワラントの総称をeワラントと呼びます。eワラントには「少額から購入可能」、「株式よりも値動きが大きい」、「元本を超える損失が発生しない」などの特徴があります。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStocks/dalebor・LongQuattro)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/27の話題】アドビPhotoshopでNFTの真正性示す情報付与が可能に、テスラがBTC決済の再開の意向など(音声ニュース)

アドビ「Photoshop」でNFTの真正性示す情報付与が可能に、OpenSeaらNFTマーケットプレイスと提携、テスラ、ビットコイン決済の再開の意向を示す、【取材】電通国際情報サービスとKyuzan、NFTマーケットプレイス構築やメタバース活用に向け共同研究開始、【取材】暗号屋、NFT所有者だけがコンテンツを楽しめるメディアプロトコル「VWBL / ビュアブル」発表、米コインリストが約114億円調達、アジア利用者数も1年間で62倍に増加、セリエA「ナポリ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、グラファイトのサプライチェーンをブロックチェーンで、サーキュラーとアービックス