ブロックチェーンゲーム「マイクリプトサーガ」完全招待制プレミアβサービス開始を発表、Matic Networkと提携しトランザクション手数料を抑制

ブロックチェーンゲーム「マイクリプトサーガ」完全招待制プレミアβサービスを1月31日開始

ブロックチェーンゲーム開発を行うdouble jump.tokyo株式会社が、1年ぶりの新作ゲーム「マイクリプトサーガ」のプレミアβサービスを、1月31日より開始することを発表した。

このゲームは人気ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes」の開発陣による、ブロックチェーン技術を活用した2~4人でのリアルタイム対戦を楽しむことができるマインドカードゲーム。スマートフォン/PCのWebブラウザやイーサリアムウォレットアプリを通じて、プレイできるとのこと。

ゲームでは10枚のカミカードを編成し、戦略とスキルと運の力で対戦ができる。対戦に勝利することで得られるKami-Power(KP)をカミカードに蓄積することで、カミカードは特別な能力を持つシンカードにシンカさせることが可能とのこと。そしてそのシンカードは、ブロックチェーン上のNFT(Non Fungible Token:代替不可能なトークン)として生成され、ユーザーが所有し、自由にトレードすることができるとのことだ。

リリースにおいて従来のブロックチェーンとの違いが以下のように説明されている。

・暗号資産やNFTは必須ではありませんので、ブロックチェーンを意識することなくプレイできます。
・NFTを直接販売しません。ゲームのプレイングによってNFTを入手することができます。また、ユーザー間トレード、マイクリなどのパートナーゲームからのNFTコンバートによって入手することもできます。
・弊社のマルチチェーン対応サービス”AMS”(Asset Mirroring System)により、イーサリアムに加え、イーサリアムのL2スケーリングソリューションの一つであるMaticを利用することで、高額なトランザクション手数料なくNFTのやり取りができます。
・社団法人ブロックチェーンコンテンツ協会が策定・推進するNFT共通仕様”Oct-Pass”に準拠しており、NFTのオープンな相互利用が可能です。

なお1月31日21:00から開始されるプレミアβサービスは、バトルβテストから改善されたバトルシステムに加え、アウトゲーム(バトル以外の基本となるシステム)が公開されるとのこと。参加には「My Crypto Heroes」のランドNFTの保有者(以下、ランドオーナー)と、ランドオーナーからの招待者がプレイすることができるとのこと。招待者は招待コードを入力することで参加することが可能だ。

なおプレミアβサービス中は、「My Crypto Heroes」のゲーム内通貨であるGUMでゲームプレイに使用する「カミカード」を購入することができる。GUMは「My Crypto Heroes」のサービス内にて購入・入手すること可能。そして「My Crypto Heroes」のヒーローNFTを「マイクリプトサーガ」のシンカード(NFT)にコンバートすることもできるとのことだ。

double jump.tokyo、Matic Networkとパートナーシップを締結

また前述の説明にもあるように、本日同社は、イーサリアムのレイヤー2ソリューションを提供するシンガポールMatic Network PTE. Ltd.とパートナーシップを締結したことを発表した。

double jump.tokyoが開発する「Asset Mirroring System」にて、Matic社の開発を推進するMatic Networkを正式対応し、本日発表された新作「マイクリプトサーガ」をはじめ、ブロックチェーンゲーム開発支援プログラム「MCH+」タイトルのマルチブロックチェーン対応を実現するとのことだ。

編集者のコメント

イーサリアムのガス代の高騰は、ブロックチェーンゲームにおいても大きな課題になっています。そこに今回のMaticのようなセカンドレイヤー・ソリューションが活用されていく流れは、他のブロックチェーンゲームにも実装されていく流れになるのではと思います。

関連リンク

→マイクリプトサーガ

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

PerfumeのNFTアート、DBS銀行が貿易金融プラットフォーム提供開始などのニュース解説ラジオ

Perfume、NFTアートのリリース発表、シンガポールDBS銀行、オーストラリア・中国・香港・シンガポールの顧客向けに貿易金融プラットフォーム提供開始、バイナンスの株式トークン、香港及び欧州規制当局が調査か、SBIトレーサビリティ株式会社が新設、ブロックチェーン活用のトレーサビリティ・サービス等を提供しSDGsに貢献、EYが特許取得、ブロックチェーンを適用しサプライチェーンマネジメントを高度化(パートナー荻生泰之氏コメントあり)、コインベースプロにてテザー(USDT)が上場へ、NFTマーケットプレイス「nanakusa」と財務・管理会計システム「Gtax」が提携、公認アーティストにNFT販売レポート機能提供、NFTマーケットプレイス「ユニマ」が事前登録の受付開始、杉田陽平氏のアートや山口周氏の書籍が販売へ、日本初のNFTバーチャルスニーカー、発売から9分で完売、コインチェックとゲームエイトがNFT事業において連携開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」と財務・管理会計システム「Gtax」が提携、公認アーティストにNFT販売レポート機能提供

NFTマーケットプレイス「nanakusa(ナナクサ)」を運営するする株式会社スマートアプリと暗号資産(仮想通貨)の財務・管理会計ソフト「Gtax(ジータックス)」を提供する株式会社Aerial Partnersが提携し、nanakusa公認クリプトアーティスト向けに「Gtax for Creators」を提供することを4月22日発表した。

シンガポールDBS銀行、オーストラリア・中国・香港・シンガポールの顧客向けに貿易金融プラットフォーム提供開始

シンガポールのDBS銀行が、アジア太平洋地域の主要な貿易拠点における貿易金融のデジタル化を推進するため、貿易金融プラットフォーム「Contour」の提供を法人顧客に拡大したことを発表した。サービス展開を拡大するアジア太平洋地域の主要な貿易拠点は、オーストラリア、中国、香港、シンガポールだ。