韓国ゲーム企業ネクソン(Nexon)が暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)の買収準備の報道を否定

韓国ゲーム企業ネクソンが暗号資産取引所ビッサムの買収準備の報道を否定

韓国ゲーム企業大手ネクソン(Nexon)が、同社による暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)の買収計画の報道を否定したことを米ブロックチェーンメディアであるザ・ブロック(THE BLOCK)が1月11日報じた

1月7日、ネクソンが韓国最大の暗号資産取引所であるビッサム(Bithumb)を約4億6,000万ドル(約477億円)で買収する準備を進めていると地元メディアのマキョン(Maekyung)が報じていた

ザ・ブロックの報道によると、ネクソンの広報担当者であるジェフ・ブラウン(Jeff Brown)氏がメールにて「ネクソンはビッサムに投資はしていない。ビッサムを買収する計画もない」と答えたとのことだ。

以下2021.1.12 23:00追記

ネクソンによるビッサム買収計画の報道については、ネクソンの日本法人である株式会社ネクソンがあたらしい経済編集部に対しその内容を否定した。

同社広報担当者は「(株)ネクソン(連結子会社を含む)はBithumb社に対する投資は行っておらず、また投資の予定もございません。また、NXC Corporationは当社の主要株主ですが、会社法及び金融商品取引法上、現在当社の親会社ではなくなっております」とメールにて述べている。

編集部のコメント

ビッサムは2018年にシンガポールのBKグループ(BK Global Consortium)への売却が決定していましたが、BKグループが投資ラウンドにて合意価格の4,000億ウォン(約360億円)を調達できず、売却計画は無効となっていました。 また昨年9月にはビッサムが二度目の売却を検討しているとの報道がありましたが、その後続報はありませんでした。

現地メディアのコリアヘラルドでは、ビッサムの買い手はビッサムの抱える法的問題も同時に引き継ぐ必要があるほか、韓国で2021年3月から施行される特別金融取引情報法にも対処する必要があるため、売却を成立させることは容易ではないと、その見解を報じています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/PhonlamaiPhoto・Nattapon-Kongbunmee)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

アニモカブランズ(Animoca Brands)がバイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)と戦略的パートナーシップ締結

中国香港を拠点とするゲーム開発会社アニモカブランズ(Animoca Brands)が大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)の開発したバイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)と戦略的パートナーシップを締結したことを1月13日発表した

米議事堂襲撃事件/過激派団体への28.15BTCのビットコイン寄付が関与か、ジェミナイがビットコインのリワードを搭載のクレジットカード発売などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米議事堂襲撃事件、過激派団体への28.15BTCのビットコイン寄付が関与か(ブロックチェーン分析企業チェイナリシスのレポート)、米暗号資産(仮想通貨)取引所のジェミナイ(Gemini)がビットコインのリワードを搭載した「ジェミナイ・クレジット・カード(Gemini Credit Card)」を発売することを発表、英イートロ(eToro)が今週末の暗号資産(仮想通貨)の買い注文を制限する可能性を顧客へ通知、米連邦準備制度理事会(FRB)議長が「CBDC(中銀デジタル通貨)は慎重に検討」「ステーブルコインの規制は優先度が高い」と発言、暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)がデジタル資産上場プロセス合理化のための新サービス発表、LayerXがエンタープライズ向けブロックチェーン基盤Corda(コルダ)、Hyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)、Quorum(クオーラム)の比較レポート「プライバシー編」公開

米暗号資産(仮想通貨)取引所のジェミナイ(Gemini)がビットコインのリワードを搭載した「ジェミナイ・クレジット・カード(Gemini Credit Card)」の発売することを発表

米暗号資産(仮想通貨)取引所とカストディアンを運営するジェミナイ(Gemini)がビットコインのリワードを搭載したクレジットカード「ジェミナイ・クレジット・カード(Gemini Credit Card)」の発売を1月14日に発表した

英イートロ(eToro)が今週末の暗号資産(仮想通貨)の買い注文を制限する可能性を顧客へ通知

オンライントレードプラットフォーム提供の英イートロ(eToro)が、同社のユーザーに対し「今週末の暗号資産(仮想通貨)の買い注文を制限する必要があるかもしれない」とメールにて通知を行ったことが1月14日ブルームバーグの報道で明らかになった