(Hashed CEOサイモン・キム氏のコメント追記)韓国のブロックチェーンファンドHashedが1号ファンドで約124億円の資金調達

韓国のブロックチェーンファンドHashedが1号ファンドで約124億円の資金調達

韓国のブロックチェーン領域特化の投資ファンドHashed Venture Fund Iが約124億円(1億2,000万ドル)の資金調達を行ったことを発表した。ちなみに韓国ブロックチェーン領域特化ファンドHashedが2020年9月にHashed Venture Fund Iを設立している。

HashedはHashed Venture Fund Iを通じて、プロトコルエコノミーを推進できるブロックチェーンやその他のテクノロジーのスタートアップに投資を行う予定のようだ。リリースによれば「プロトコルエコノミーは独立したコンセンサス駆動型のプロトコルに支えられたオープンな経済を意味し、デジタル資産を介して参加者により公平に直接報酬を与えることができるエコノミー」とのこと。

Hashedは業界のプラットフォーマーらが直面している問題を戦略的にターゲットにし、革新的なソリューションに投資することで、プロトコルエコノミーの将来の市場の潜在的な成長を取り込むことを目指していくとのことだ。

HashedのCEOであるサイモン・キム氏は(Simon Kim)「プロトコルエコノミーの時代を先導することで、韓国国内のスタートアップシーンはブロックチェーン産業の復活とその成熟市場を目撃し、新しいパラダイムのための政府と制度の両方のサポートを引き付けるでしょう」とコメントしている。

追記:12月25日13時45分

あたらしい経済はHashed CEOのサイモン・キム(Simon Kim)氏へ取材をした。

Hashed CEOのサイモン・キム氏へ取材

ーブロックチェーン業界で、今最も資金調達が必要な分野はどこだと思いますか?

私たちは、アプリケーションレイヤーや骨の折れる事業に投資をフォーカスしたいと思っています。

Hashed Venture Fund Iでは、分散型金融(DeFi)、バーチャル領域のeスポーツやゲームにとても注目していきます。

編集部のコメント

これまでHashedはKakaoの「Kalytn」やLINEの「Link of Line」など、アジアのIT企業のためのパブリック・ブロックチェーンプロジェクトに積極的に連携して、事業を加速させてきたようです。またHashedは韓国最大の銀行であるKB国民銀行との提携を発表し、韓国で初めて個人および法人顧客のデジタル資産を管理するための包括的なプラットフォームであるKODAを設立しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/Kateryna-Bereziuk・BadBrother・Максим-Ивасюк)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored