米スクエアが2030年までに温室効果ガス排出量ゼロ計画とビットコイン・クリーンエネルギー・インベストメント・イニシアチブ設立を発表

米スクエアが2030年までに温室効果ガス排出量ゼロ計画とビットコイン・クリーンエネルギー・インベストメント・イニシアチブ設立を発表

スクエア(Square)が2030年までに業務上の温室効果ガス排出量をゼロにする計画とビットコイン・クリーンエネルギー・インベストメント・イニシアチブ(Bitcoin Clean Energy Investment Initiative)の設立を12月8日に発表した。

スクエアの2030年までに業務上の温室効果ガス排出量をゼロにする計画では、国際的に認可されている温室効果ガス(GHG)プロトコルのScope3を含めて排出量の算定・報告を行っていくようだ。温室効果ガス排出量の報告ステップとしてScope1、Scope2、Scope3があり、Scope1は企業の温室効果ガス直接排出量、Scope2はエネルギー起源間接排出量、Scope3はその他間接排出量となっている。

またスクエアはビットコインのエコシステム内で自然エネルギーの採用と効率化を推進する企業を支援するために、ビットコイン・クリーンエネルギー・インベストメント・イニシアチブを設立し、そこへ約10億4,000万円(1,000万ドル)を拠出した。さらにスクエアはビットコイン投資などで得た利益をこのイニシアチブへ再投資する意向を示している。

スクエアのCFOを務めるアムリタ・アフジャ(Amrita Ahuja)氏は「温室効果ガス排出量ゼロの貢献者になることは、私たちの経済的エンパワーメントの目的と一致しています。環境を危険にさらすことは、最終的には世界中の十分なサービスを受けていないコミュニティを不釣り合いに危険にさらすことになります」とコメントしている。

スクエアの創業者兼CEOのジャック・ドーシー(Jack Doresy)氏は「私たちは、暗号資産が最終的にはクリーンな電力で完全に動くようになると信じており、温室効果ガス排出量を減らし世界的に自然エネルギーの採用を推進しています。公表されている推計によると、ビットコインはすでにかなりの量のクリーンエネルギーを消費しており、スクエアの投資イニシアチブがこの再生可能エネルギーへの転換を加速させることを期待しています」とコメントしている。

編集部のコメント

リリースによれば、スクエアは企業のESGへの取り組みを分析するツールなどを提供するウォーターシェッドと提携し、温室効果ガス排出量の測定と削減のための継続的なサポートを提供しているようです。ウォーターシェッドはスクエア、ストライプ(Stripe)、エアビーアンドビー(Airbnb)、トランスファーワイズ(TransferWise)、ショッピファイ(Shopify)などとも提携して、プログラムを作成しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/Panuwat-Sikham・inkoly)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した