世界有数のインデックスプロバイダー「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス」が暗号資産(仮想通貨)インデックスソリューションを2021年に提供開始へ

世界有数のインデックスプロバイダー「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス」が暗号資産(仮想通貨)インデックスソリューションを2021年に提供開始へ

世界有数のインデックスプロバイダーであるS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P Dow Jones Indices)がニューヨークに拠点を置く大手の暗号資産(仮想通貨)ソフトウェアおよびデータ企業であるルッカ(Lukka)と共同で、グローバルな暗号資産インデックスソリューションの提供を2021年に開始することを12月3日に発表した。

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスは、Lukkaが独自に開発した暗号資産価格データとS&Pブランドにカスタマイズされたインデックス作成およびベンチマークソリューションを連携して提供していく予定だ。

両社がサービス提供を開始する背景には暗号資産市場が醸成していくにつれて、投資家は暗号資産やトークンをベースとしたベンチマークやインデックスベースのソリューションへの関心が高まっていることが関わっているとリリースに記載されている。つまり投資家は信頼性の高い暗号資産の価格設定データへのニーズが高まっているとのことだ。

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが提供する暗号資産のインデックス機能によって、投資家はこの新興テクノロジー主導の資産クラスへのアクセスが容易になる。また伝統的に投機的な市場に関連する一般的なリスクは一部を軽減される可能性もあると想定される。

そしてS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスのリリースには「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスの確立されたインデックスガバナンスと独立性はルッカの機関投資家向け品質データに支えられた一連のブランドインデックスやカスタムインデックスから、多様なエクスポージャーを提供することができます」と記載されている。ちなみにエクスポージャーとは市場の価格変動リスクや特定のリスクにさらされている金額や残高、その比率のことをいう。

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスのイノベーションと戦略のグローバルヘッドを務めるピーター・ロフマン(Peter Roffman)氏は「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスは、1世紀以上にわたり、グローバル市場の継続的な成長と進化を反映した革新的で関連性の高いインデックスやベンチマークを作成する先駆者であり続けてきました。暗号資産のようなデジタル資産が急速に新興の資産クラスになりつつある今、独立した信頼性の高いユーザーフレンドリーなベンチマークソリューションが求められる時が来ています。デジタル資産データサービスの最前線で活躍してきたルッカと協力して、この新興セクターの透明性を高めることができることに興奮しています」とコメントしている。

ルッカのCEOを務めるロバート・マテラッツィ(Robert Materazzi)氏は「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスとのコラボレーションは暗号資産のエコシステムと従来の金融サービスとの間のギャップを埋める、新たなマイルストーンです。暗号資産に関するデータを必要とするお客様は、AICPA SOC Controlsなどのルッカの機関品質基準に裏打ちされた、業界で最も信頼できるデータにまもなくアクセスできるようになります。急速に成熟している業界ではS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスのような高い評価を得ているブランドと協力して、制度的な基準を構築することが最も重要です。ルッカはS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスと協力して継続的なイノベーションを推進するために貢献できることを嬉しく思っています」とコメントしている。

編集部のコメント

インデックスは金融領域では市場の動きを示す指数を意味します。投資家はインデックスを見て、リスク選定し投資判断を行います。また金融機関はインデックスをベースに投資商品を作成したりします。世界有数のインデックスプロバイダーであるS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスはS&P500やダウ・ジョーンズ工業株平均といった金融市場の代表的な指標を算出しています。S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが暗号資産インデックスを開発し提供することは、既存の機関投資家や金融企業が暗号資産領域への参入するための大きな後押しとなるのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/champc・Myvector・PhonlamaiPhoto)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

東海東京フィナンシャルらがデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億円出資、深圳市がデジタル人民元の3度目のテスト計画、NEM流出事件31人検挙などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資、中国深圳市がデジタル人民元の3度目のテストを計画(発行額:約3億2,000万円)、コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙、マネックスグループがESG金融事業開始を発表、ロシア大手銀行スベルバンクが独自デジタル通貨発行に向け中央銀行に申請、ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資

東海東京フィナンシャル・ホールディングス(東海東京FHD)株式会社のシンガポール現地法人の東海東京グローバル・インベストメンツは、シンガポールのデジタル証券取引所であるiSTOXを運営するICHX Tech(ICHX社)のシリーズAの延長として、シリーズA2に参加したことを1月21日に発表した。

コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙

2018年に発生した暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)が暗号資産取引所コインチェックから流出した一連の事件において、ネムの不正な交換に応じたとみられる31人が警視庁により組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕や書類送検されたことが、1月22日共同通信など報道各社が報じた

ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

ロシアの地方裁判所が、ロシア地域において大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のウェブサイトがブロックされている件について、バイナンスの訴えを受け、そのブロックを取り消すことを1月20日に決定した。このことをロシア現地メディアが21日報じた

ブラックロックがビットコイン投資へ、フランス銀行が中銀デジタル通貨実験成功、湘南ベルマーレにて国内初のクラブトークン発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米アセマネ大手ブラックロックが一部ファンドでビットコイン投資へ、タイ証券取引所が2021年後半にデジタル資産取引プラットフォームをローンチか、フランス銀行が中央銀行デジタル通貨実験にて200万ユーロ(約2億5,000万円)の決済に成功、国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)、日本銀行が来年春に中央銀行デジタル通貨実証実験の第二段階開始か、次世代分散型ブラウザBrave(ブレイブ)にIPFSプロトコルのサポート追加

国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロサッカーチーム「湘南ベルマーレ」のプロサッカークラブトークンの発行を1月21日発表した。なおクラブトークンの発行は今回の湘南ベルマーレとフィナンシェにおけるプロジェクトがプロサッカーチーム国内初の事例となる