世界有数のインデックスプロバイダー「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス」が暗号資産(仮想通貨)インデックスソリューションを2021年に提供開始へ

世界有数のインデックスプロバイダー「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス」が暗号資産(仮想通貨)インデックスソリューションを2021年に提供開始へ

世界有数のインデックスプロバイダーであるS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P Dow Jones Indices)がニューヨークに拠点を置く大手の暗号資産(仮想通貨)ソフトウェアおよびデータ企業であるルッカ(Lukka)と共同で、グローバルな暗号資産インデックスソリューションの提供を2021年に開始することを12月3日に発表した。

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスは、Lukkaが独自に開発した暗号資産価格データとS&Pブランドにカスタマイズされたインデックス作成およびベンチマークソリューションを連携して提供していく予定だ。

両社がサービス提供を開始する背景には暗号資産市場が醸成していくにつれて、投資家は暗号資産やトークンをベースとしたベンチマークやインデックスベースのソリューションへの関心が高まっていることが関わっているとリリースに記載されている。つまり投資家は信頼性の高い暗号資産の価格設定データへのニーズが高まっているとのことだ。

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが提供する暗号資産のインデックス機能によって、投資家はこの新興テクノロジー主導の資産クラスへのアクセスが容易になる。また伝統的に投機的な市場に関連する一般的なリスクは一部を軽減される可能性もあると想定される。

そしてS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスのリリースには「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスの確立されたインデックスガバナンスと独立性はルッカの機関投資家向け品質データに支えられた一連のブランドインデックスやカスタムインデックスから、多様なエクスポージャーを提供することができます」と記載されている。ちなみにエクスポージャーとは市場の価格変動リスクや特定のリスクにさらされている金額や残高、その比率のことをいう。

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスのイノベーションと戦略のグローバルヘッドを務めるピーター・ロフマン(Peter Roffman)氏は「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスは、1世紀以上にわたり、グローバル市場の継続的な成長と進化を反映した革新的で関連性の高いインデックスやベンチマークを作成する先駆者であり続けてきました。暗号資産のようなデジタル資産が急速に新興の資産クラスになりつつある今、独立した信頼性の高いユーザーフレンドリーなベンチマークソリューションが求められる時が来ています。デジタル資産データサービスの最前線で活躍してきたルッカと協力して、この新興セクターの透明性を高めることができることに興奮しています」とコメントしている。

ルッカのCEOを務めるロバート・マテラッツィ(Robert Materazzi)氏は「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスとのコラボレーションは暗号資産のエコシステムと従来の金融サービスとの間のギャップを埋める、新たなマイルストーンです。暗号資産に関するデータを必要とするお客様は、AICPA SOC Controlsなどのルッカの機関品質基準に裏打ちされた、業界で最も信頼できるデータにまもなくアクセスできるようになります。急速に成熟している業界ではS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスのような高い評価を得ているブランドと協力して、制度的な基準を構築することが最も重要です。ルッカはS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスと協力して継続的なイノベーションを推進するために貢献できることを嬉しく思っています」とコメントしている。

編集部のコメント

インデックスは金融領域では市場の動きを示す指数を意味します。投資家はインデックスを見て、リスク選定し投資判断を行います。また金融機関はインデックスをベースに投資商品を作成したりします。世界有数のインデックスプロバイダーであるS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスはS&P500やダウ・ジョーンズ工業株平均といった金融市場の代表的な指標を算出しています。S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが暗号資産インデックスを開発し提供することは、既存の機関投資家や金融企業が暗号資産領域への参入するための大きな後押しとなるのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/champc・Myvector・PhonlamaiPhoto)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored