ふるさと納税でビットコイン。ビットフライヤーの「ビットコインをもらう」サービス経由の「ふるさと納税」の利用が昨年対比2倍に伸長

ふるさと納税でビットコイン。ビットフライヤーの「ビットコインをもらう」サービス経由の「ふるさと納税」の利用が昨年対比2倍に伸長

株式会社bitFlyer(ビットフライヤー)が同社運営の「ビットコインをもらう」サービスにおいて、今年2020年のふるさと納税の利用が昨年対比2倍に伸長していることを11月4日発表した。

「ビットコインをもらう」サービス はネットショッピングや旅行予約、各社サービスへの会員登録などを、ユーザーがビットフライヤーのサイトを経由して利用することでビットコインがもらえるサービスだ。

リリースによると「ビットコインをもらう」サービスを経由したふるさと納税の利用件数は2018年対比2019年は約3倍に伸長しており、さらに今年の1月~10月の利用件数はすでに昨年の1月~10月対比を2倍超で推移しているとのことで、今年の年末はまた昨年の利用件数を大きく上回ると見込んでいるとのことだ。

「ビットコインをもらう」サービスを利用しているユーザーを対象にしたアンケートにて他のポイントではなくビットコインをもらいたいと思う理由を調査したところ「ビットコインの将来性に期待している」という声が多く集まったという。なかでも「ポイントと比較しポイントの価値は変わらないが、ビットコインなら価値が上がる期待が持てる」といったコメントが目立ったとのこと。また「ポイントと異なりビットコインなら使用期限がない」といったコメントもあったとのことだ。

一方でアンケートには「ビットコインは価値が変動するからこそ、自身で購入するにはハードルが高い」と感じているという声もあり、ユーザーにとってビットフライヤーの「ビットコインをもらう」サービスなら自身で購入することなくビットコインを保有できる点にメリットを感じていることがアンケートにより判明したとのことだ。

編集部のコメント

ふるさと納税を行うことで「寄付金の使い道を指定できる」「お礼の品がもらえる」のはもちろんのこと、控除上限額内で寄付を行うと合計寄付額から2,000円を引いた額について、所得税の還付と住民税の控除を受けることができます。

またビットフライヤーによると「ビットコインをもらう」サービスをふるさと納税にて利用することで、ポイントとビットコインを「二重取り」できるとのことです。

「ビットコインをもらう」サービスは、複数のふるさと納税サービスサイトと提携しており、そのうち「さとふる」「楽天ふるさと納税」では、ふるさと納税の寄付額に応じてポイント還元されたり、ギフト券がもらえたりする等のキャンペーンが開催されています。

ビットフライヤーの「ビットコインをもらう」サービスを経由して、各サービスサイトを利用することで寄付額に応じたビットコインをもらえるため、各サービスサイトでもらえるポイント還元やギフト券などに加えてビットコインがもらえるため「二重取り」が実現します。

実質2,000円にてお礼の品がもらえる、ふるさと納税にて、さらにポイントとビットコインがもらえるということです。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

東海東京フィナンシャルらがデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億円出資、深圳市がデジタル人民元の3度目のテスト計画、NEM流出事件31人検挙などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資、中国深圳市がデジタル人民元の3度目のテストを計画(発行額:約3億2,000万円)、コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙、マネックスグループがESG金融事業開始を発表、ロシア大手銀行スベルバンクが独自デジタル通貨発行に向け中央銀行に申請、ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資

東海東京フィナンシャル・ホールディングス(東海東京FHD)株式会社のシンガポール現地法人の東海東京グローバル・インベストメンツは、シンガポールのデジタル証券取引所であるiSTOXを運営するICHX Tech(ICHX社)のシリーズAの延長として、シリーズA2に参加したことを1月21日に発表した。

コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙

2018年に発生した暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)が暗号資産取引所コインチェックから流出した一連の事件において、ネムの不正な交換に応じたとみられる31人が警視庁により組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕や書類送検されたことが、1月22日共同通信など報道各社が報じた

ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

ロシアの地方裁判所が、ロシア地域において大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のウェブサイトがブロックされている件について、バイナンスの訴えを受け、そのブロックを取り消すことを1月20日に決定した。このことをロシア現地メディアが21日報じた

ブラックロックがビットコイン投資へ、フランス銀行が中銀デジタル通貨実験成功、湘南ベルマーレにて国内初のクラブトークン発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米アセマネ大手ブラックロックが一部ファンドでビットコイン投資へ、タイ証券取引所が2021年後半にデジタル資産取引プラットフォームをローンチか、フランス銀行が中央銀行デジタル通貨実験にて200万ユーロ(約2億5,000万円)の決済に成功、国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)、日本銀行が来年春に中央銀行デジタル通貨実証実験の第二段階開始か、次世代分散型ブラウザBrave(ブレイブ)にIPFSプロトコルのサポート追加

国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロサッカーチーム「湘南ベルマーレ」のプロサッカークラブトークンの発行を1月21日発表した。なおクラブトークンの発行は今回の湘南ベルマーレとフィナンシェにおけるプロジェクトがプロサッカーチーム国内初の事例となる