シスコとDHLがブロックチェーンソリューションの開発で提携

シスコとDHLがブロックチェーンソリューションの開発で提携

米シスコ(Cisco)とドイツの国際輸送物流会社DHLがブロックチェーンソリューションの開発で提携していたことが11月16日に明らかになった

シスコとDHLは、荷物の発送、荷物の追跡や荷物をトレースするのための両社のシステムを統合することを目的にブロックチェーンベースのゲートウェイを開発するために緊密に協力したとのこと。シスコはこのソリューションを開発したことによって、現在のB2Bのインフラストラクチャとサポートに比べてコストを節約でき、拡張されたデータは顧客サービスを向上させると考えているようだ。つまり顧客の透明性が向上し、問い合わせが減り、それに対応するために必要な時間が短縮され、さらにシステムエラーを減らす可能性を示している。

両社が開発したサービスのアーキテクチャには、異なるクラウドサービスプロバイダー上で動作する異なるブロックチェーンプラットフォーム(Hyperledger FabricとDHL BLESS)とサプライチェーンデータの可視性と監視のためのダッシュボードツールであるSplunk App for Hyperledger Fabricを備えたスプランク(Splunk)のインスタンスの使用が含まれているようだ。 またこのソリューションは分散型クラウドサービスのAWSとAzureでホストされているとのこと。

シスコのブログによるとシスコのサービスサプライチェーンは120カ国以上の顧客に先進的なハードウェアの交換を提供しており、シスコのサービス事業を支える重要なサービス提供コンポーネントとなっているようだ。

シスコのビジネスオペレーションマネージャーのエリク・アルバーツ(Erik Alberts)氏は「サプライチェーン業界全体としてはブロックチェーンをベースとしたソリューションの標準化と開発に向けて、まだまだやるべきことがありますが、今回のシスコとDHLのパートナーシップはこの技術の実行可能性とサプライチェーンの効率性をさらに向上させながら、顧客体験を向上させる可能性の両方を実証しました。このパートナーシップは戦略的パートナーがどのようにしてイノベーションを推進できるかを示す素晴らしい例となりました」とコメントしている。

編集部のコメント

シスコのブログではブロックチェーンソリューションの開発によって改善されたポイントが以下のように記載されています。

・現在のB2Bソリューションと比較して、パートナーの導入までの時間が改善された。
・コンソーシアムの単一の進化を行い、サプライチェーン内のすべてのパートナーに一度に複製することができる(一度に変更するのではなく、多くの変更を行う)。
・現在のB2Bデータのエラーや例外の実行率を削減できる可能性がある。
・現在のアーキテクチャを将来の標準へと進化させる。
・レポート機能の強化。
・現在のB2Bインフラストラクチャとサポートに比べてコストを削減。 ・データを拡張して、顧客サービス体験を向上させる。
・付加価値の高いサービスを構築するための将来のプラットフォームになる。

2020年2月19日に、シスコはNECと安全保障領域や重要産業インフラ向けにブロックチェーンを活用しサプライチェーン管理を強化したネットワーク機器を提供することを発表しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

世界有数のインデックスプロバイダー「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス」が暗号資産(仮想通貨)インデックスソリューションを2021年に提供開始へ

世界有数のインデックスプロバイダーであるS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P Dow Jones Indices)がニューヨークに拠点を置く大手の暗号資産(仮想通貨)ソフトウェアおよびデータ企業であるルッカ(Lukka)と共同で、グローバルな暗号資産インデックスソリューションの提供を2021年に開始することを12月3日に発表した。

米下院にてステーブルコイン発行者を規制する「ステーブル(STABLE)法案」が提出

米下院議員のラシダ・トライブ(Rashida Tlaib)氏ら3名がステーブルコインの発行者を規制する法案を議会に提出したことを、トライブ氏の事務所が12月2日にプレスリリースにて詳細を発表した。なおこの法案「ステーブルコインテザリングおよび銀行ライセンス強制法(Stablecoin Tethering and Bank Licensing Enforcement Act)」は、通称「ステーブル(STABLE)法案」となっている。

SBIホールディングスがブロックチェーン基盤開発企業BOOSTRYへの資本参加およびセキュリティトークン事業の推進に関する最終契約締結

SBIホールディングス、野村ホールディングスおよび株式会社野村総合研究所が、野村ホールディングスの保有する株式会社BOOSTRY株式のSBIホールディングスへの一部譲渡およびBOOSTRYの運営・事業にかかる業務提携について最終契約を締結したことを12月3日に明らかにした。BOOSTRYはブロックチェーンなどの先進的なテクノロジーで新時代の資金調達モデルを構築している企業だ。

ブロックロックCEOがビットコインを資産として重要視、Visaカードが法人取引のUSDC支払い対応へ、BITMAXが固定期間型の暗号資産貸出開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

世界有数の資産運用ファンドであるブラックロック(BlackRock)のCEOがビットコインを資産として重要視、Visaがサークル(Circle)と提携しVisaカードの法人取引によるUSDC支払い対応へ、LINEの暗号資産(仮想通貨)取引所ビットマックス(BITMAX)が暗号資産貸出サービスの固定期間型を提供開始

LINEの暗号資産(仮想通貨)取引所ビットマックス(BITMAX)が暗号資産貸出サービスの固定期間型を提供開始

LINEの暗号資産(仮想通貨)事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社が、同社運営の暗号資産取引所ビットマックス(BITMAX)にて暗号資産貸出サービスの「固定期間型」の提供を開始することを12月2日発表した。

世界有数の資産運用ファンドであるブラックロック(BlackRock)のCEOがビットコインを資産として重要視

世界有数の資産運用ファンドであるブラックロック(BlackRock)のCEOを務めるラリー・フィンク(Larry Fink)氏が「ビットコインは多くの人々の注目と想像力を集めていて、資産クラスとして成長する態勢が整っている」とNPO法人が主催する「対外関係審議会」 で述べたことをDecrtptoが12月2日に報じた。