IBMが独繊維メーカーと共同で持続可能な衣服製品証明のためのブロックチェーンネットワークを開発

IBMが独繊維メーカーと共同で持続可能な衣服製品証明のためのブロックチェーンネットワークを開発

米アイ・ビー・エム(IBM)が独繊維メーカーのカヤアンドカトー(KAYA&KATO)と共同で、ファッション業界向けのブロックチェーンネットワークを開発したことを11月16日発表した。なおこのネットワークは独連邦経済開発省(BMZ)の支援を受け、IBM Blockchain Platformを基盤に開発が行われたとのこと。

消費者はこのネットワークを利用することで、自らの衣服に使用されている繊維から製品の完成に至るまでを追跡し、その衣服が持続可能な方法で生産されているかを確認できるとのこと。

リリースによると、消費者は自身の購入する製品の環境への影響を理解したいという要望が増えているとのこと。IBMが全米小売連盟(NRF)と今年に行った調査では調査対象となった消費者の77%がサステナビリティを重要視しており、調査対象となった57%が環境への悪影響を減らすために購買習慣を変えることを厭わないと答えているという。

また衣料品業界ではこのような意識は若年層の間で一般的になり、かつ重要視されているとのこと。IBMが委託した欧州地域の消費者を対象とした調査では、回答者の75%がファッション業界における廃棄物のレベルを懸念していると回答し、さらに回答者の64%は新しいテクノロジーが持続可能性の主張を証明することができれば、その衣料品を購入する可能性が高くなると答えているとのことだ。

編集部のコメント

リリースによるとKAYA&KATOは独連邦経済協力開発省(BMZ)から「グリーンボタン」の認証を受けた27社のうちの1社とのことです。「グリーンボタン」は昨年9月よりドイツにてスタートした制度で、認証を受けた企業の製品は持続可能な繊維製品であることが認められます。

なお「グリーンボタン」の試験項目には、地球環境の保全という観点に加え、児童労働の禁止、安全な労働環境の整備、待遇改善といった、企業の社会的な課題(SDGs)への取り組みを問うものもあるとのことです。また消費者には「グリーンボタン」認証であることで、購入する商品が持続可能な社会に貢献するかを分かりやすくする効果もあります。

今回のIBMとKAYA&KATOの取り組みようなブロックチェーントレーサビリティによる製品の透明化は、その製品の出所の証明が出来るため、今後企業責任となるSDGs達成の仕組みとして社会で益々使われていく技術になるかもしれません。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/TheNewGuy03・Kateryna-Bereziuk)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ