米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

リリースによると今回の提携は「自然災害やパンデミックが起こった際に、自分の診療記録にアクセスできない患者が適切な治療を受けることができず、結果的に社会全体の健康リスクが高まってしまう」という問題に対処することを目的としているとのことだ。

今回HTGとユタ州が構築する診療情報共有システムは、企業向けブロックチェーンである「ハイパーレッジャーファブリック(Hyperledger Fabric)」を基盤にして開発されたHTG提供のクラウドベース製品「メディブック(MediBook)」を元に構築されるとのこと。

メディブックはブロックチェーンベースのデータ共有システムであるため、医療提供者はブロックチェーンのデジタルウォレットを介して24時間365日患者データへのアクセスが可能とのこと。

またメディブックでは、医療提供者が患者の診療記録に安全にアクセスし共有することができるため、初診の患者であっても迅速かつ効果的に医療サービスを提供できるとのこと。

さらにメディブックはアメリカ保健福祉省国家医療IT調整室(ONC)とメディケア・メディケイドサービスセンター(CMS)が定める患者データの共有規制基準に完全に準拠しているため、データ共有の際の安全性も確保されているとのことだ。

編集:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/NatalyaBurova・dalebor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ