米FRBが分散台帳技術ベースのペイメント検証結果を公表

米FRBが分散台帳技術ベースのペイメント検証結果を公表

米国の連邦準備制度理事会(FRB)が2019年に行った分散台帳技術(DLT)ベースのペイメントを検証する「FooWire(フ―ワイヤー)プロジェクト」の結果を8月13日に公表した。

この「FooWireプロジェクト」の目的は、DLTのペイメントに対するポテンシャルを研究の視点から客観的に評価することとされている。

公表された資料によると「FooWireプロジェクト」では、エンタープライズ向けブロックチェーンである「Hyperledger Fabric(ハイパーレッジャーファブリック)」を基盤技術として使用し、その上にシンプルなペイメントシステムを構築したとのこと。基盤技術にFabricを採用した理由としては、許可型ブロックチェーンであること、比較的成熟した技術であること、エンタープライズ向けに開発されていることの3点が挙げられている。

この構築したペイメントシステム上には仮想の組織として中央銀行、政府機関、民間銀行の3つが設置され、三者間で「Fund」と呼ばれるアセットのやり取りが行われたとのこと。

今回の実験から得られたポイントとしては「DLTがペイメントに関して有用性を持っていること」「DLTネットワーク自体の改善が比較的素早く行えること」「Fablic上でスマートコントラクトを記述することが容易であること」「Fablicには多くの拡張機能があること」の4点が挙げられた。

FRBは今回の実験に関して「DLTにはペイメントに関する潜在的な可用性があり、DLTを利用することで比較的シンプルかつ拡張性のある決済システムを構築することが可能であるが、セキュリティやスケーラビリティやプライバシーに関しては厳密な評価が必要」と結論付けている。

編集部のコメント

FRBが行った今回の実験は、日本銀行と欧州中央銀行(ECB)が共同で行ったStellaプロジェクトと同様に「ホールセール決済にDLT技術を組み込む」という形となっており、将来的にはDLTの中央銀行デジタル通貨(CBDC)への応用を見越した実験とも考えられます。 アメリカのCBDC関連の取り組みとして、ボストン連邦準備銀行がマサチューセッツ工科大学(MIT)とパートナーシップを締結し、複数年にわたって仮想の中央銀行デジタル通貨を開発およびテストするためのプロジェクトに取り組むことが、FRB理事のラエル・ブレイナード氏の演説によって8月13日に明らかになっています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/dalebor・kentoh・BestForBest)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

バイナンスのテスラ株式トークン、米国でビットコインETFなどのニュース解説ラジオ

バイナンスがテスラの株式トークンの取引サービスを提供開始、米SECへ新たにビットコインETFが申請、ギャラクシーデジタルが目論見書提出、ポリゴンが企業向けの取り組み拡大、NFT・DeFi・保険領域、取締役の報酬をビットコインで支払いへ、米マイクロストラテジー発表、ニューヨーク証券取引所、上場企業のファースト・トレードを記録したNFT発行、【記録達成理由の取材あり】ビットバンクの預かり資産が2,898億円に(代表取締役社長 廣末紀之インタビュー)、エイベックス・テクノロジーズが次世代型著作権流通システム「AssetBank」発表、JCBI共同運営のブロックチェーン活用、NFT活用「デジタル付録」を全国書店で展開へ、メディアドゥとトーハン、【速報】ブロックチェーン/仮想通貨に関するライター育成強化と電子出版事業を開始、あたらしい経済とtechtec「PoL」提携

【速報】ブロックチェーン/仮想通貨に関するライター育成強化と電子出版事業を開始、あたらしい経済とtechtec「PoL」提携

あたらしい経済は学習サービスPoL(ポル)を運営する株式会社techtecと業務提携することを発表しました。 この提携により、techtecのブロックチェーン・暗号資産領域のライティング技術が学べる「PoLライターコース」受講の方に「あたらしい経済」での執筆機会をご提供します