(スタートバーン株式会社代表取締役の施井泰平氏コメントあり)アート×ブロックチェーン企業のスタートバーンが経営体制変更と資金調達を実施

アート×ブロックチェーン企業のスタートバーンが経営体制変更と資金調達を実施

アートテクノロジー企業のスタートバーン株式会社が経営体制の変更と資金調達の実施を発表した。

経営体制変更の目的は、同社が開発するイーサリアム基盤のアートブロックチェーンインフラ「Startrail(スタートレイル)」の普及と事業拡大だ。

今回新たに取締役エバンジェリストとして東方文化支援財団代表理事の中野善壽(なかのよしひさ)氏、社外取締役に元Artsyゼネラルカウンセル兼アジア戦略責任者の塩野入弥生(しおのいりやよい)氏、シニア・アドバイザーにタグチ・アートコレクションの共同代表である田口美和(たぐちみわ)氏が加わった。

「Startrail」は近日中にイーサリアムのメインネットへローンチするとプレスリリースに記載されている。

あたらしい経済編集部はスタートバーン株式会社代表取締役の施井 泰平(しいたいへい)氏へ取材をした。

スタートバーン株式会社代表取締役の施井泰平氏へ取材

ーアート領域をビジネス化するのは、非常に難しいことだと思われます。そのような背景のもと、現時点でのゴールは何でしょうか

直近の目標は、Startbahn Cert.のサービス認知と利用の拡大です。アート業界の様々なプレイヤー(アーティスト、アート事業者、作品購入者、など)にStartbahn Cert.を知ってもらい、一人でも多くの方にご利用いただきたいと考えております。

ー経営体制を変更しようと考えたきっかけ、何を目的に動いたのでしょうか

今後、国内外のアートマーケットにおいてビジネスを拡大するフェーズに入るので、国内外のアートマーケットに精通しているメンバーまたは事業拡大のスペシャリストを新たに弊社メンバーとして迎え入れることとなりました。

編集:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/pgraphis)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

double jump.tokyoがMCH Coin上場に向け新会社設立、DBS銀行が企業向けデジタル監査確認ソリューション提供、dYdXが1,000万ドルの資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes」運営のdouble jump.tokyoが「MCH Coin」の取引所上場に向け新会社を設立、シンガポールのDBS銀行が企業向けにデジタル監査確認ソリューションを提供、分散型暗号資産(仮想通貨)取引所(DEX)dYdXがシリーズBラウンドで1,000万ドル(約10億3,000万円)の資金調達、ナスダック上場のオーバーストックがブロックチェーン特化の子会社ファンドを米ペリオン・ベンチャー・パートナーズと統合へ、マイニング大手のビットメイン(Bitmain)の共同創業者であるジハン・ウー(Jihan Wu)氏が会長退任、伊大手決済プロバイダーSIAがブロックチェーン企業ウィズキー(WizKey)と提携しブロックチェーン上でクレジット市場の実現を目指す、日本暗号資産市場株式会社が日本円連動ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」リリース、ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」とSKE48のNFTトレーディングカードのコラボが決定

伊大手決済プロバイダーSIAがブロックチェーン企業ウィズキー(WizKey)と提携しブロックチェーン上でクレジット市場の実現を目指す

イタリアの大手決済システムプロバイダーSIAがイタリアのブロックチェーンスタートアップ企業ウィズキー(WizKey)と提携し、クレジット商品の取引が可能なプラットフォームの立ち上げを目指すことを1月26日に発表した