フランスの製薬会社Transgene(トランスジーン)が臨床試験にブロックチェーンを活用

フランスの製薬会社Transgene(トランスジーン)が臨床試験にブロックチェーンを活用

フランスの製薬会社Transgene(トランスジーン)がブロックチェーンサプライチェーンのトレーサビリティプラットフォーム「Hypertrust X-Chain(ハイパートラストエックスチェーン)」を臨床試験プロジェクト「myvac(マイヴァク」に組み込んだことを発表

Hypertrust X-Chainは、フランスのブロックチェーン開発企業Hypertrust Patient Data Care(ハイパートラスト・ペイシャント・データケアー)が開発したプロダクト。Hypertrust X-Chainは患者起点のデータのクローズドループ供給と分散型データチェーンを確保するブロックチェーンベースのソリューションを自己細胞治療に提供するとのこと。そしてHypertrust X-Chainは、自己免疫細胞治療のサプライチェーン全体にわたって、安全で効率的かつ透明性の高いワークフローのオーケストレーションを可能にし、製薬会社をはじめサプライチェーンおよびデータチェーンに関わるすべての関係者に大きなメリットをもたらしていくとのこと。またmyvacはウイルスベクター(MVA)をベースに開発された個別化免疫療法プラットフォームだ。

Transgene社のエグゼクティブ・バイスプレジデント兼チーフ・サイエンティフィック・オフィサーである Eric Quéméneur(エリック・ケムヌール)氏は「Hypertrust X-Chainは世界中で複数の協力体制を整えながら、患者さん一人一人の抗がん剤治療をタイムリーに設計することができます。ブロックチェーン技術は患者さんの遺伝子データを確実に保護しながら、パートナーの介入をスムーズに、かつ追跡できるようにするための完璧なツールです。Hypertrust社と協力してこの斬新なプロセスを立ち上げることができたことを大変嬉しく思います」とコメントしている。

Hypertrust Patient Data CareのCEOのAndreas Göbel(アンドレアス・ゴベル)氏は「当社のパートナーであるTransgene社と世界初の生産性の高いブロックチェーンを発表できることを非常に誇りに思います。Transgeneの革新的でAI強化されたTG4050がんワクチンと、セキュリティおよびワークフローオーケストレーション機能を組み合わせた当社のプラットフォームは、個別性の高いがん治療プロセスを最適にサポートします」とコメントしている。

編集部のコメント

Transgene社は、がん治療のための標的免疫療法の設計と開発に焦点を当てたフランスの上場企業です。今回の臨床実験で利用されたHypertrust X chainの最も大きな特徴は、製薬の出荷のスケジュールを立て、プロジェクトがどの段階にあるかをサプライチェーンのパートナーに通知する自動化されたプロセスなどが組み込まれているところのようです。医療領域は患者のデータを正しく堅牢に管理しながら、早急でかつミスがない診療・執務プロセスが重要なので、ブロックチェーン技術と相性の良い分野です。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/stockdevil・Guzaliia-Filimonova)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米議事堂襲撃事件/過激派団体への28.15BTCのビットコイン寄付が関与か、ジェミナイがビットコインのリワードを搭載のクレジットカード発売などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米議事堂襲撃事件、過激派団体への28.15BTCのビットコイン寄付が関与か(ブロックチェーン分析企業チェイナリシスのレポート)、米暗号資産(仮想通貨)取引所のジェミナイ(Gemini)がビットコインのリワードを搭載した「ジェミナイ・クレジット・カード(Gemini Credit Card)」を発売することを発表、英イートロ(eToro)が今週末の暗号資産(仮想通貨)の買い注文を制限する可能性を顧客へ通知、米連邦準備制度理事会(FRB)議長が「CBDC(中銀デジタル通貨)は慎重に検討」「ステーブルコインの規制は優先度が高い」と発言、暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)がデジタル資産上場プロセス合理化のための新サービス発表、LayerXがエンタープライズ向けブロックチェーン基盤Corda(コルダ)、Hyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)、Quorum(クオーラム)の比較レポート「プライバシー編」公開

米暗号資産(仮想通貨)取引所のジェミナイ(Gemini)がビットコインのリワードを搭載した「ジェミナイ・クレジット・カード(Gemini Credit Card)」の発売することを発表

米暗号資産(仮想通貨)取引所とカストディアンを運営するジェミナイ(Gemini)がビットコインのリワードを搭載したクレジットカード「ジェミナイ・クレジット・カード(Gemini Credit Card)」の発売を1月14日に発表した

英イートロ(eToro)が今週末の暗号資産(仮想通貨)の買い注文を制限する可能性を顧客へ通知

オンライントレードプラットフォーム提供の英イートロ(eToro)が、同社のユーザーに対し「今週末の暗号資産(仮想通貨)の買い注文を制限する必要があるかもしれない」とメールにて通知を行ったことが1月14日ブルームバーグの報道で明らかになった

LayerXがエンタープライズ向けブロックチェーン基盤Corda(コルダ)、Hyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)、Quorum(クオーラム)の比較レポート「プライバシー編」公開

株式会社LayerXが同社独自のブロックチェーン基盤分析フレームワークである「LayerX Enterprise blockchain Analysis Framework(LEAF:リーフ)」において、エンタープライズ向けブロックチェーン基盤比較レポート「プライバシー編」を公開したことを1月14日発表した

欧州中央銀行総裁がG7G20規模でビットコイン規制要求、グレースケールがXRP投資信託を廃止、金融庁が「リップルは資金決済法で暗号資産」などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州中央銀行ラガルド総裁がG7、G20規模でのビットコインへの規制を要求、米資産運用会社グレースケール(Glayscale)がリップル(XRP)訴訟問題を受けXRP投資信託の廃止決定、日本の金融庁「リップル(XRP)は資金決済法で暗号資産である(有価証券ではない)」と米国メディアTHE BLOCKへ回答、米デジタル資産カストディ企業アンカレッジが初の連邦認可のデジタルバンクへ、米ウェブインフラ企業クラウドフレアー(Cloudflare)がENSとパートナーシップ締結、企業間情報連携推進コンソーシアム「NEXCHAIN(ネクスチェーン)」が賃貸入居プロセスのワンストップサービス開始