Brave(ブレイブ)が広告契約の取引所NYIAX(ナイアックス)と提携

Brave(ブレイブ)が広告契約の取引所NYIAX(ナイアックス)と提携

次世代分散型ブラウザBrave(ブレイブ)を提供するBrave Softwareが広告契約のマッチングエンジンを提供するNYIAX(ナイアックス:The New York Interactive Advertising Exchange)と提携したことを7月9日に発表した。

Braveは従来のWebブラウザの広告システムを排除することによって高速化を実現し、さらにユーザーによる主体的な選択が可能な新しい広告プラットフォームを提供することで、ユーザーやコンテンツクリエイター、広告主に新しいエコシステムを提供している。

NYIAXは証券取引所を運営するNasdaq(ナスダック)が支援する、広告契約に特化したブロックチェーンベースの取引所である。ブロックチェーンで管理された広告契約を取引する市場を提供し、売り手と買い手をマッチングさせることで、広告主はより確実に消費者に広告を届けることができ、コンテンツクリエイターは保証された収益を安定的に得ることができるという仕組みだ。

今回の提携によってBrave上の広告枠(Brave Ads)をNYIAX上で取引できるようになり、NYIAXを利用する広告主は広告表示を許可したBraveユーザーのみに確実にプロモーションを行うことができるとのことだ。

編集部のコメント

Braveは個人データを収集するような広告をブロックする機能「BRAVE SHIELDS」をもつブラウザです。広告をブロックすることでブラウザが軽くなるという利点がある他、Braveでは反対に特定の広告を閲覧することで、Braveの独自トークン「BAT(ベーシックアテンショントークン)」を取得することもできます。なおBATは現在日本の取引所ではGMOコインとビットフライヤーで取り扱いがあります。

またBraveは今年5月に月間アクティブユーザー数(MAU)が1,540万人に達したことを発表しています。Brave Software Incの日本版公式Twitterの6月6日のツイートによるとBraveは日本のAppStore無料ランキング2位、Google Playでは7位になったとのことです。

Braveはつい先日9日にもビットフライヤーと業務提携を発表しています。この業務提携は暗号資産(仮想通貨)ウォレット機能を共同開発を行う事を目的に行われています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/Irina-Shibanova)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている