PolkadotエコシステムとTEEの組み合わせによる次世代ソリューションについてのレポートが公開

PolkadotエコシステムとTEEの組み合わせによる次世代ソリューションについてのレポートが公開

Web3 FoundationのブロックチェーンへインターオペラビリティをもたらすプロジェクトであるPolkadot(ポルカドット)が、TEE(Trusted Execution Environment)とPolkadotエコシステムの組み合わせによって生み出される次世代のWebソリューションについてまとめたレポートを7月2日に公開した。

TEEとは、ICカードのセキュリティ等の標準技術の策定を行う非営利組織GlobalPlatformが定める技術仕様のひとつで、プロセッサーを通常の実行環境と安全な実行環境に分割することによって、アプリケーションの安全な実行環境を物理的に確保するセキュリティ技術である。

Web3 Foundationは新たなテクノロジーの開発を行うプロジェクトに対し助成を行っており、助成を受けているプロジェクトの中でもTEEとSubstrateフレームワーク(Polkadotブロックチェーンを構築するためのツール)の組み合わせを利用するユースケースが多いとのこと。TEEとSubstrateを組み合わせることにより、Polkadotエコシステムでプライバシーとセキュリティに取り組むための興味深い可能性が生まれるとのことだ。

このレポートではTEE×Substrateを活用するプロジェクトとしてはSupercomputing Systems AG、Phala Network、Advanca、Crust Network、Zondaxなどが挙げられている。

編集部のコメント

Polkadotは複数の異なるブロックチェーンをつなぐ共通基盤となるブロックチェーンで、異なるブロックチェーン間の相互取引を可能にし、かつ、お互いにセキュリティを共有することができるプロジェクトです 。

Polkadotエコシステムについては、中国のブロックチェーン系メディアChainNewsがpolkadotエコシステムのカオスマップと助成を受けているプロジェクトについてまとめた記事を7月3日に公開しています。この記事では助成金の認定数のランキングや各分野のプロジェクトの詳細な紹介が掲載されています。

特に日本のプロジェクトに着目すると、インターフェイス分野とスケーラビリティ分野と開発ツール分野で助成金を獲得しているStake technologiesが全体で2位となっているほか、セキュリティ分野ではLayerXの開発するZeroChainが、アプリケーション分野とモジュール分野ではソラミツが、スケーラビリティ分野ではCryptoeconomics Labがそれぞれ助成金を獲得しています。(なおStake technologies代表取締役社長の渡辺創太氏は自身のFacebookの投稿にて、助成金採択数が1件カウントされておらず実質同率1位であるとも述べています)

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/dalebor・phochi)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【速報】約6.3ETH(約276万円)で落札、箕輪厚介編集長の雑誌「サウナランド」電子書籍出版権NFT

NFT事業や「FiNANCiE」を提供する株式会社フィナンシェが、NFT事業において箕輪厚介編集長のサウナ専門雑誌「サウナランド」の電子書籍をNFTとして発行し、オークションを開催していた。 そして本日5月11日21時59分に終了予定だったオークションは、終了直前に入札が相次ぎ、延長の末23時分に終了した。

デジタル人民元が中国人民銀行提供のウォレットで利用可能に、UBS証券の富裕層顧客向けサービスなどのニュース解説ラジオ

デジタル人民元、アリペイおよび中国人民銀行のモバイルウォレットで利用可能に、中国の暗号資産サービス企業バベル・ファイナンス、セコイアチャイナらから約40億円の資金調達、UBS証券、富裕層顧客向けデジタル資産投資サービスを検討開始、暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン」にてDOGE、SUSHI、INJ、MATICのサポート開始、Internet Computer(ICP)、新たにバイナンスとKuCoinに上場、ブロックチェーン活用の新型コロナウィルス陰性デジタル証明書、カリブ海アルバ島にて試験運用、アバカスが暗号資産交換業を撤退、申請も取り下げに、ソーシャルカラオケアプリ「SOMESING for LINE Blockchain」が正式ローンチ

暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン」にてDOGE、SUSHI、INJ、MATICのサポート開始

暗号資産(仮想通貨)取引所とカストディアンサービスを運営する米ジェミナイ(Gemini)が、同社の提供する暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン(Gemini Earn)」にてドージコイン(DOGE)を年利(APY)2.25%にて取り扱いを開始することを5月9日発表した。なおジェミナイはドージコインの取り扱いを5月4日より開始している。