中国アリババがブロックチェーン特許取得数で独走

中国アリババがブロックチェーン特許取得数で独走

中国特許保護協会が「ブロックチェーン分野のグローバルな特許に関するレポート」を7月1日に発表した。

このレポートによると、2020年5月14日時点での世界のブロックチェーン分野の特許取得数は合計で3,924件で、特許登録数の国別内訳としては米国が39%で1位、次いで韓国が21%、中国が19%となっている。

また企業別のランキングでは中国のアリババ(Alipayを含む)が212件で1位、以下大きく差をつけ米IBMが136件で2位、韓国Coinplug(コインプラグ)が107件で3位となっている。

中国に着目するとアリババに次ぐ企業はテンセントで42件、それ以降の企業はすべて20件以下となっているため、中国のブロックチェーン領域の特許取得数はアリババ一強となっていることが分かった。

編集部のコメント

日本の状況に着目すると企業別ランキングではNTTが13件で36位、bitFlyerが11件で45位、富士通とNECがそれぞれ10件で48位と、アメリカ・中国・韓国に比べるとランクイン企業はかなり少なくなっています。しかし国別の取得数では中国に次いで4位(6%)となっています。これはアリババなどの外国企業が日本でも特許を取得しているためだと考えられます。実際、アリババが取得している212件の国際的な特許のうち72件は日本でも出願が行われています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/stockdevil・KrulUA・dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】メタプラネットが10億円分のビットコイン追加購入へ、リップル社に対する民事訴訟の一部が棄却など

メタプラネット、10億円分のビットコイン追加購入を予告、トルコ暗号資産取引所「BtcTurk」のハッキング被害、バイナンス捜査協力で盗難資産を一部凍結、カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ、イーサリアムL2「ブラスト」のトークンエアドロ、1週間後に迫る、スイ(SUI)のMysten Labs、分散型ストレージおよびDAプロトコル「Walrus」公開、web3ゲーム特化「ローニンネットワーク」、ポリゴンCDK活用のzkEVMチェーン構築可能に

Sponsored

カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ

米リップル(Ripple)社への民事訴訟において、米カリフォルニア州の連邦判事は、リップル社が連邦証券法に違反したとの申し立てを棄却したが、リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏に対する民事証券訴訟は裁判に進むこととなった

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored