金融庁が「分散型金融システムのガバナンスの課題についての取組み」をまとめたウェブページ公開

金融庁が「分散型金融システムのガバナンスの課題についての取組み」をまとめたウェブページ公開

金融庁が「G20:分散型金融システムのガバナンスの課題についての取組み」を6月5日金融庁のウェブサイトにて公開した。

「G20:分散型金融システムのガバナンスの課題についての取組み」では、ブロックチェーンに関する新しい国際的なネットワークである「Blockchain Governance Initiative Network (BGIN)」(https://bgin-global.org/)設立までの経緯を説明した「Road to BGIN」やBIGINの概要がまとめられており、またBIGINに関する最新情報が随時更新される。

「BGIN」は、ブロックチェーンコミュニティの持続的な発展のため、すべてのステークホルダーの共通理解の醸成や直面する課題解決に向けた協力を行うためのオープンかつ中立的な場を提供することを目的とした国際的ネットワーク。

「Road to BGIN」では、日本経済新聞社と金融庁が共催するFIN/SUMや福岡で2019年に開催されたG20、今年3月に「BIGIN」設立が発表された国際カンファレンス 「Blockchain Global Governance Conference (BG2C)」の公式サイト、報告書、議事録、動画などがまとめられている。また金融庁が2017年より推進しているブロックチェーン「国際共同研究」プロジェクトについても触れられており、こちらでもこれまでのリサーチペーパーが公開をされている。

(images:iStock /AliseFox・liuzishan–)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/7話題】バイナンスチェーンが一時停止、フルグルがDiamond Hands支援など(音声ニュース)

バイナンススマートチェーンが停止、ブリッジのハッキング被害額1.1億ドル、【取材】ビットコイン基盤でスマコン実現目指す、フルグルがDiamond Hands支援、【取材】LINEやOasys参加、ミシカルゲームズが財団と独自トークン「MYTH」とDAO発表、MakerDAO、DAIの裏付け資産5億ドル分を米国債・社債に投資へ、暗号資産カストディXalts、シティやポリゴン創業者らから約8.7億円調達、ポリゴン(MATIC)が海洋保護団体「OCEEF」と提携、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業ライセンス取得、ダッパーラボ、スペイン「ラリーガ」のNFTプラットフォーム「リーガ・ゴラッソ」β版ローンチ、ニアプロトコル(NEAR)、グーグルクラウドと提携、Bリーグ「香川ファイブアローズ」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored