金融庁が「分散型金融システムのガバナンスの課題についての取組み」をまとめたウェブページ公開

金融庁が「分散型金融システムのガバナンスの課題についての取組み」をまとめたウェブページ公開

金融庁が「G20:分散型金融システムのガバナンスの課題についての取組み」を6月5日金融庁のウェブサイトにて公開した。

「G20:分散型金融システムのガバナンスの課題についての取組み」では、ブロックチェーンに関する新しい国際的なネットワークである「Blockchain Governance Initiative Network (BGIN)」(https://bgin-global.org/)設立までの経緯を説明した「Road to BGIN」やBIGINの概要がまとめられており、またBIGINに関する最新情報が随時更新される。

「BGIN」は、ブロックチェーンコミュニティの持続的な発展のため、すべてのステークホルダーの共通理解の醸成や直面する課題解決に向けた協力を行うためのオープンかつ中立的な場を提供することを目的とした国際的ネットワーク。

「Road to BGIN」では、日本経済新聞社と金融庁が共催するFIN/SUMや福岡で2019年に開催されたG20、今年3月に「BIGIN」設立が発表された国際カンファレンス 「Blockchain Global Governance Conference (BG2C)」の公式サイト、報告書、議事録、動画などがまとめられている。また金融庁が2017年より推進しているブロックチェーン「国際共同研究」プロジェクトについても触れられており、こちらでもこれまでのリサーチペーパーが公開をされている。

(images:iStock /AliseFox・liuzishan–)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/20の話題】フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、米国BTC先物ETFの初日売買など(音声ニュース)

フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、パイロット版ローンチ、米国でビットコイン先物ETF取引開始、初日売買代金は約10億ドル。現物も過去最高値付近まで上昇、次はビットコイン「現物」ETF承認か、グレースケールがGBTCをETFに転換申請、米チェイナリシスがNYDIGと提携、ビットコイン購入計画も、野村HDがデジタルガレージ子会社へ出資、Komainuと3社で国内機関投資家向けのカストディ事業検討へ、コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結、コスメブランド「CLNIQUE」、NFT活用のSNSプロモーションを発表

コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結

暗号資産取引所運営の米コインベース・グローバル(Coinbase Global)と、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)が、複数年にわたるパートナーシップを締結したことを10月19日に発表した。具体的にコインベースはNBA、WNBA、NBA Gリーグ、NBA 2Kリーグ、USAバスケットボールらと、暗号資産プラットフォームを提供する契約を結んだ。