コインチェックがお名前ドットコム登録ドメイン不正アクセスについて最終報告

コインチェックがお名前ドットコム登録ドメイン不正アクセスについて最終報告

ドメイン管理サービス「お名前.com」のコインチェック社のアカウントで6月1日に発生した不正アクセスについて、コインチェック株式会社が6月4日最終報告を行った(なお「お名前.com」の運営元はGMOインターネット株式会社である)。

コインチェック社は一連の不正アクセスに対し、事実が判明した時点より原因の究明および対策を進め、ドメインの登録サービス事業者の移管を完了したとのことだ。

今回発表された最終報告によって新たに判明したのは、悪意のある第三者が「お名前.com」のドメインやサーバーを管理する「お名前.com Navi」における通信を改ざんできる不具合を利用し、不正にメールアドレスの変更を実施したとのこと。そしてその第三者は変更したメールアドレスを使用してコインチェック社のアカウントパスワードを変更後にログインし、ドメイン登録情報を書き換えたとのことだ。

なお「お名前.com」も同じく不正アクセスの原因について発表を行っている。

また第一報で発表されていた不正アクセスによる影響の対象となるユーザーである「不正アクセスが発生した5月31日~6月1日の期間にコインチェック社に問い合わせをした約200名」に加え、「不正アクセスの発生期間直前に問い合わせをしたユーザー約100名」についても個人情報の流出の可能性が否めないと判断されている。

なおコインチェック社運営の暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックのサービスにおいて、暗号資産の送金が一時停止していたが、不正アクセスの原因解明および再発防止策の実施が行われたため6月4日19:00頃よりサービスを再開している。

(images:iStock /Tuadesk・ValeryBrozhinsky)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

テンセント ・クラウドのタイ子会社が旅行業界支援のためブロックチェーンソリューションを導入へ

中国のテンセント・クラウド(Tencent Cloud)のタイ子会社テンセント・タイがブロックチェーン企業シェアリング(ShareRing)と提携して、新しいデジタル文書とID管理ソリューションを活用して、新型コロナウイルスの影響で苦境に立たされている旅行業界を支援していくプロジェクトを進めていくことが11月17日に明らかになった。 

米証券取引委員会(SEC)が一定の条件下で民間企業のステーブルコイン発行を許可

米証券取引委員会(SEC)の法人金融部門は、独自のイーサリアムベースのトークンを販売したいと考えているソーシャルメディア企業IMVU社が発行した独自トークン「VCOIN」に対して「執行措置を推奨しない」という旨を記載したノーアクションレター(法令適用事前確認手続)を11月19日に発行した。

国内3メガバンクらがデジタル通貨の共通決済基盤を2022年に実用化か、タイ証券取引委員会が自己資本規制を改正などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

国内3メガバンク、NTTグループ、JR東日本らがブロックチェーンを用いたデジタル通貨の共通決済基盤を2022年に実用化か、タイ証券取引委員会が自己資本規制を改正、ベトナム教育省が教育機関の修了証明書の管理にブロックチェーンを導入、韓国のKB国民銀行が2020年内に暗号資産(仮想通貨)のカストディサービスを開始か

国内3メガバンク、NTTグループ、JR東日本らがブロックチェーンを用いたデジタル通貨の共通決済基盤を2022年に実用化か

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行やNTTグループなど30社超でデジタル通貨フォーラムを構成し、2022年にもデジタル通貨の共通基盤を実用化する予定であることが11月19日に日本経済新聞の報道によって明らかになった。