韓国カカオトークのクレイトンが暗号資産(仮想通貨)ウォレット「Klip」をローンチ

韓国カカオトークのクレイトンが暗号資産(仮想通貨)ウォレット「Klip」をローンチ

韓国Kakao Corp.のブロックチェーンプロジェクトであるKlaytn(クレイトン)が、独自の暗号資産(仮想通貨)ウォレット「Klip」のローンチを6月3日発表した。

Kakao Corp.はメッセージングアプリであるカカオトークを提供する韓国の大手インターネット企業。またKlaytnはKakaoのブロックチェーン関連会社であるGround Xによって開発されたグローバルなパブリックブロックチェーンプラットフォームだ。

リリースによると暗号資産ウォレット「Klip」はGround Xによって開発されており、韓国の人口の90%以上が使用するモバイルメッセージングアプリケーションであるカカオトーク上で機能をするとのこと。

「Klip」のユーザーはKlaytnベースのブロックチェーンアプリケーションから取得したデジタル資産を保管し転送ができるとのこと。

「Klip」のローンチ時点で、11銘柄のKlaytnベースの暗号通貨(KLAY、BOX、BPT、PIB、HINT、ATT、TEMCO、BNS、PXL、ISR、COSM)とNFT(NonFungible Tokens)がサポートされているとのことだ。

また「Klip」は、カカオトークのアカウント情報によって暗号資産の送受信が行われるため、多くのブロックチェーンウォレットのような複雑さはなく、さらに送金する場合には手数料が発生しないとのことだ。

今後Klipには数ヶ月のうちに機能追加される予定とのこと。また下半期にはKlaytnベースのブロックチェーンアプリケーションに直接接続され、「Klip」のネイティブモバイルアプリケーションが利用可能になるとのことだ。

(images:iStock/dalebor・Lukas-Kurka)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ