ジャーナリズムの改善を目指した分散型メディアプラットフォーム「シビル(Civil)」がプロジェクト終了へ

ジャーナリズムの改善を目指した分散型メディアプラットフォーム「シビル(Civil)」がプロジェクト終了へ

Civil Media Companyが同社運営のジャーナリズムの改善を目指していた分散型メディアプラットフォーム「シビル(Civil)」のプロジェクトを終了することを発表した。

シビルはブロックチェーン技術を活用し、ジャーナリズムを支援することを目的にしたプロジェクト。

プロジェクト終了の発表は、シビルを運営するCivil Media CompanyのCEOであるMatthew Iles(マシュー・アイルズ)氏が同社ウェブサイトのトップに「Ending the Civil Journey」というタイトルの投稿によって行われた。

なおシビルのニュースルームはブロックチェーンによって独立して運営されているため閲覧は引き続き可能だが、今後同社による開発と管理は行われないとのこと。

今後シビルのチームメンバーはブロックチェーン開発企業ConsenSys(コンセンシス)に合流し、引き続きメディアや広告に関する分散型IDの開発を進めていくとのことだ。

編集部のコメント

シビルは、広告やフェイクニュース、外部からの第三者の影響を受けないジャーナリズムのための自立的なジャーナリズム・プラットフォームを目指し立ち上げられました。

シビルでは、ジャーナリストがプラットフォーム上で自らの記事を発行し、読者はそれぞれのジャーナリストに対し支援を行なう形をとっており、取引にはスマートコントラクトが適用されていました。シビル参加者は独自トークンのCVLを買うことで投票権を持ち、信頼できるニュースの評価や異議申立てができるようにもなっていました。

現在に至るまでのもシビルの道のりにも紆余曲折がありました。当初はForbesとの提携などを発表していましたが、その後シビルは2018年10月15日にICOを開始し失敗し、集めた資金をすべて返却。その後10月25日にConsenSysから500万ドルを調達しリスタートに意欲をみせ、2019年3月6日にプロジェクトをローンチしていました。

プロジェクトの思想は良いものだったので、このような形で終了してしまったことは非常に残念です。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock /antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

アニモカブランズ、SUPERPLASTICとメタバース体験提供で提携。NFT「Headtripz」リリースで協力

香港に拠点を置くブロックチェーンゲーム開発やNFT分野への投資を行う会社であるアニモカ・ブランズ(Animoca Brands)と、デジタルデザイナートイブランドのスーパープラスチック(Superplastic)が、メタバースゲームの体験を提供する為に提携したことが1月20日に分かった