ジャーナリズムの改善を目指した分散型メディアプラットフォーム「シビル(Civil)」がプロジェクト終了へ

ジャーナリズムの改善を目指した分散型メディアプラットフォーム「シビル(Civil)」がプロジェクト終了へ

Civil Media Companyが同社運営のジャーナリズムの改善を目指していた分散型メディアプラットフォーム「シビル(Civil)」のプロジェクトを終了することを発表した。

シビルはブロックチェーン技術を活用し、ジャーナリズムを支援することを目的にしたプロジェクト。

プロジェクト終了の発表は、シビルを運営するCivil Media CompanyのCEOであるMatthew Iles(マシュー・アイルズ)氏が同社ウェブサイトのトップに「Ending the Civil Journey」というタイトルの投稿によって行われた。

なおシビルのニュースルームはブロックチェーンによって独立して運営されているため閲覧は引き続き可能だが、今後同社による開発と管理は行われないとのこと。

今後シビルのチームメンバーはブロックチェーン開発企業ConsenSys(コンセンシス)に合流し、引き続きメディアや広告に関する分散型IDの開発を進めていくとのことだ。

編集部のコメント

シビルは、広告やフェイクニュース、外部からの第三者の影響を受けないジャーナリズムのための自立的なジャーナリズム・プラットフォームを目指し立ち上げられました。

シビルでは、ジャーナリストがプラットフォーム上で自らの記事を発行し、読者はそれぞれのジャーナリストに対し支援を行なう形をとっており、取引にはスマートコントラクトが適用されていました。シビル参加者は独自トークンのCVLを買うことで投票権を持ち、信頼できるニュースの評価や異議申立てができるようにもなっていました。

現在に至るまでのもシビルの道のりにも紆余曲折がありました。当初はForbesとの提携などを発表していましたが、その後シビルは2018年10月15日にICOを開始し失敗し、集めた資金をすべて返却。その後10月25日にConsenSysから500万ドルを調達しリスタートに意欲をみせ、2019年3月6日にプロジェクトをローンチしていました。

プロジェクトの思想は良いものだったので、このような形で終了してしまったことは非常に残念です。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock /antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。