世界経済フォーラム(WEF)とデロイトがブロックチェーンの相互運用性に関するホワイトペーパーを発表

世界経済フォーラム(WEF)とデロイトがブロックチェーンの相互運用性に関するホワイトペーパーを発表

世界経済フォーラム(WEF)が、デロイトとの共同研究で執筆したブロックチェーンの相互運用性に関するホワイトペーパー「Inclusive Deployment of Blockchain for Supply Chains: Part 6 – A Framework for Blockchain Interoperability」を発表した。

このホワイトペーパーでは、ブロックチェーンの相互運用性について「2つの異なるブロックチェーンネットワークがお互いに接続すること」としている。一般的な相互運用性の説明ではAPIを使って実現させるシステム連携とされているが、ブロックチェーンの場合はそれが最適ではないとのこと。

さらに、ホワイトペーパーではブロックチェーンの相互運用性には2つの意味があると説明されている。1つは共通のデジタル資産が交換できる設計であること。その背景には、決済リスクを消失させることが挙げられている。2つ目は共通のデータが交換できる設計であること。これは典型的にはサプライチェーンや保険領域で活かされると説明されている。

ホワイトペーパーには相互運用性に関して、ビジネス、プラットフォーム、インフラストラクチャの3つの側面における課題が記載されている。

ビジネス側面での課題は、ブロックチェーンのガバナンスと2つのネットワーク間の信頼、データの標準化に関するもの。

プラットフォームの側面での課題は、ブロックチェーンプロトコル、コンセンサスメカニズム、スマートコントラクト言語、ユーザーがどのように認可され、許可されるかに関するもの。

インフラストラクチャの側面での課題は、ハイブリッドクラウドでのサーバーのホスティング、管理されたブロックチェーン、相互運用性を阻害する可能性のある独自のコンポーネントの発見方法に関するもの 。

最後にこのホワイトペーパーでは、相互運用性を実装するさまざまなプロジェクトが探索されているがそのほとんどはパブリックブロックチェーンのためであり、コンソーシアムブロックチェーンのためのプロジェクトは不足していることを言及されている。

ちなみに、WEFとデロイトがコンソーシアム型のブロックチェーンで一定の評価をしているものが、RippleのオープンソースプロジェクトHyperledger Quilt、Cordaとなっている。

編集部のコメント

WEFは、ブロックチェーンに関するリサーチが盛んです。これまでの論文には、ブロックチェーンの価値を測定する方法、プライベートとパブリックのブロックチェーンの選択方法、UAEの豊富な経験に基づいたブロックチェーン展開の課題を探ることなどが存在しています。

そして、WEFはブロックチェーンイニシアチブも立ち上げています。そのイニシアチブは2種類あって、サプライチェーンを対象としたブロックチェーンイニシアチブとサステナビリティのためのトレーサビリティ・プラットフォームに関するイニシアチブです。

世界横断の組織であるWEFがブロックチェーンを推進していく意義は非常に大きいと、あたらしい経済編集部は考えています。WEFが共有する論文や記事を元に、各国そして企業がブロックチェーンをうまく実装していく世の中になることを期待したいです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

イメージ:artsstock,Sakramir,xu-bing

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

佐賀市がリアルタイムでの環境価値の電子証書化に成功、ブロックチェーン「Tapyrus」活用(chaintope 北川広氏へ取材)

佐賀県佐賀市、株式会社chaintope(チェーントープ)、みやまパワーHD株式会社が、佐賀市における「地域循環共生圏」の一環として佐賀市内でのエネルギー等の地域内循環をリアルタイムで可視化し、ごみ発電電力の地産地消による環境価値の電子証書化に成功し、システム構築が完了したことを8月5日に発表

【8/4の話題】dYdXがガバナンストークン、ポルシェがNFT、QuiznosがBTC決済試験導入など(音声ニュース)

DeFiプラットフォームdYdX、ガバナンストークン発行、ファストフードチェーンQuiznosがビットコイン決済試験導入、Bakktと提携、サトシナカモトの功績やDeFi規制など、SEC委員長が米国暗号資産規制動向へ持論展開、ジェミナイがホロングローバルと提携、ファイルコイン(FIL)ファンドの執行と保管業務で、暗号資産税務効率化ツール提供のZenLedger、約6.5億円調達、米ビットワイズ、ユニスワップとアーベの投資信託ローンチ、エヴァートンFC、チリーズのSocios. comでファントークン発行へ、ポルシェ、NFTをオークションにて販売

Sponsored

エヴァートンFC、チリーズのSocios. comでファントークン発行へ

イングランドプレミアリーグ所属のサッカークラブであるエヴァートンFC(Everton Football Club)が、ファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」にてファントークン「$EFC」を発行することが8月2日発表された。「Socios.com」運営のブロックチェーン企業チリーズ(Chiliz)と同クラブの提携により実現する。