アメリカ内国入庁が非所得納税者向けの資金提供サービスを4月17日にローンチ・米Square社も対応

アメリカ内国入庁が非所得納税者向けの資金提供サービスを4月17日にローンチ・米Square社も対応

アメリカ内国歳入庁(IRS)と財務省が、米在住で所得が少なく確定申告しない人向けに「Economic Impact Payments」へ迅速に登録できるウェブサービスを開発したことを発表した。こちらは4月17日より利用できる予定とのことだ。

「Economic Impact Payments」とは、納税者たちがコロナウイルスの影響による所得や収入の変化をIRSに伝え、額に基づきIRSから資金提供受けることができる制度である。

4月17日にローンチされるこのサービスは確定申告をしてない人でもIRSから資金提供される設計になっている。

IRSコミッショナーのChuck Rettig(チャック・レティグ)氏は「申告義務のない人は、このツールを使って基本的な情報を得ることで、できるだけ早くEconomic Impact Paymentsを受け取ることができます。IRSは、この新しいツールを提供するために24時間体制で取り組んできました」とコメントしている。

そしてこの発表を受けてすぐに、米決済インフラ企業Squareは、ユーザーが同社の提供するCash Appのアカウントに送金依頼できる機能を追加することを発表した。具体的には政府から提供される資金をCash Appの残高に直接入金するために使用できる、ルーティング番号と口座番号を提供した。

Square CEO Jack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は「あなたが2019年に確定申告をしていなかったとしても、1200ドルを資金提供されます(Get your $1,200 even if you didn’t file a tax return in 2019)」とツイートしている。

そしてThe Blockは、Square社の投資家会議で同社CFO Amrita Ahuja (アムリタ・アフジャ)氏が「様々な観点からの分析によると、市場が分散投資の1商品としてビットコインへの関心がここ数週間で急激に進んでいる」とコメントしたことを伝えている。

これによりSquareは銀行口座を所有できない人への資金提供される活路を生み出したこととなる。

編集部のコメント

Squareは、現段階の経済システムに参加できていない人たちへ金融サービスを提供する機会を多く生み出していると考えられます。

例えば3月18日にSquare社は、米国の連邦預金保険公社(FDIC)理事会から銀行設立の認可をもらいました。その銀行の名前は「Square Financial Services」で、設立の目的は中小企業向けにSquare Capitalの商業貸付事業の中でも特にに小規模な貸付をSquareのペイメントシステムを利用して、預金商品などを提供することです。

IRSの開発予定のサービスに応じたSquareの対応はコロナウイルスによる有事のものですが、現状、経済参加できていない人々へアクセス可能性を広げていくと、あたらしい経済編集部は考えます

ビットコインのようにシステム連携することなく、相手のアドレスを知っているだけで正しくお金を支払える仕組みを生み出していくことを期待しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

イメージ:denis_pc,stockdevil,antoniokhr

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社のCEOを発表、日本損害保険協会とNECがブロックチェーン技術の共同検証開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表、一般社団法人日本損害保険協会とNECが共同保険の事務効率化を目的にブロックチェーン技術の共同検証開始、米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携、LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。

(アンダーソン・毛利・友常法律事務所の長瀨威志弁護士のコメント追記)米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生

アメリカの暗号資産(仮想通貨)を運営するクラーケン(Kraken)がアメリカのワイオミング州より「クラーケン・フィナンシャル(Kraken Financial)」の設立申請を認可されたことを発表した。

ワイオミング州でデジタル銀行クラーケン・フィナンシャル誕生、ユニスワップがプロトコルトークンUNI発表、バハマで10月CBDC発行へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生、分散型金融プラットフォームのユニスワップがプロトコルトークン「UNI」を発表、ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ、バハマ中央銀行がデジタル通貨を10月発行へ、ビットフライヤーが2020年8月の取引実績を発表

(Kyber Network Japan managerの堀次泰介氏、マネーパートナーズグループ社長室の鈴木雄大氏コメントあり)分散型金融プラットフォームのユニスワップがガバナンストークン「UNI」を発表

分散型金融(DeFi)プラットフォームを提供するユニスワップ(Uniswap)がプロトコルトークン「UNI」を発行し、流動性マイニングを行うことを9月16日に発表した。流動性マイニングは日本時間の2020年9月18日午前9時に開始される予定。分散型金融の観点で言及されている流動性マイニングとは、ユーザーが分散型プラットフォームにトークンを供給することで、プラットフォーム側からプロトコルトークンを配布される仕組みのことである。