アメリカの仮想通貨特化のベンチャーキャピタルVolt CapitalがChicago Defi Allianceを設立

アメリカの仮想通貨特化のベンチャーキャピタルVolt CapitalがChicago Defi Allianceを設立

仮想通貨領域特化の米国ベンチャーキャピタルVolt CapitalがChicago Defi Allianceを設立したことを発表した。

Chicago DeFi Alliance(シカゴ・ディファイ・アライアンス)のメンバーは、「Volt Capital、TD Ameritrade、CMT Digital、Cumberland DRW、Jump Capital、Compound Finance、DV Trading、Arca」となっている。

シカゴでアライアンスを設立した背景には、シカゴは世界のデリバティブ取引市場の5分の1(20%)を占めているからとのこと。

Chicago DeFi Allianceは、仮想通貨系のスタートアップ企業やプロトコルのために、マーケットメーカーへのアクセス、流動性、プロダクトのフィードバック、専門トレーダー、人材へのアクセスなどをサポートする目的で設立された。

なお現在、利用されるDeFiプロトコルは、dYdXとYieldということが明かされている。

編集部のコメント

仮想通貨領域特化ベンチャーキャピタルであるVolt Capitalの投資先で明らかになっているのは、rise wallet Fortmatic、NOMAD TECH、name base、MATRIX、Dharmaです。


また、今回のアライアンスメンバーのJump Capitalは、フィンテック、ITやデータインフラ、B2B SaaS、メディア分野のデータドリブンなテック企業にシリーズA、Bで投資をしているベンチャーキャピタルです。ブロックチェーン領域の投資先としては、BitGoやDigital Assets Dataが存在しています。


そしてCumberland DRWは、金融機関や富裕層がデジタル資産分野のトレード機会を提供するシステムを提供している企業です。 またCMT Digitalは、仮想通貨取引、ブロックチェーン技術への投資、仮想通貨/ブロックチェーン技術業界における法的/政策的関与に焦点を当てている企業です。


このように様々な領域の企業が参加しているChicago Defi Allianceが率先してDefi(分散型金融領域)と既存の金融取引を組み合わせ、DeFi領域が発展していく道筋を切り開いてくれることをあたらしい経済編集部は期待しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Elen11,antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/22の話題】FTXの企業評価額が約2.8兆円へ、ビットコイン先物ETFが米国3例目の承認など(音声ニュース)

FTXが約480億円調達、設立2年で企業評価額は約2.8兆円へ、ヴァルキリーのビットコイン先物ETFが今夜取引開始へ、米国3例目の承認、テキサス州消防士年金基金、ビットコインとイーサに約28億円投資、AP通信とチェインリンク、経済やスポーツデータをブロックチェーンに記録・提供へ、FundsDLTとUBS証券ら、投資ファンド分配モデルの概念実証に成功、米NFT企業キャンディデジタル、ソフトバンクらから約114億円調達。評価額約1,700億円に、クラーケングローバル、KusamaパラチェーンのBifrost(BNC)上場へ、国内アメフト界初のクラブトークン発行「アサヒビールシルバースター」がFiNANCiEで