BIS(国際決済銀行)がSTOや中央銀行デジタル通貨などに関する四半期レポートを発表

BIS(国際決済銀行)がSTOや中央銀行デジタル通貨などに関する四半期レポートを発表

BIS(国際決済銀行)が、セキュリティートークン、CBDCなどあらたなペイメント決済領域に関する四半期レポートを3月1日に発表。

現在、BISはセキュリティートークン、中央銀行デジタル通貨、クロスボーダー決済、など今後のペイメントシステムの基盤となりうる領域を深くリサーチしているとのこと。

BISリサーチ部門のトップHyon Song Shin(ヒョン・ソンシン)氏は「ペイメント領域の変化の速度がはやく、そして混乱を引き起こす可能性があることによって、政策立案者にとって、あらたなペイメントシステムを採用することが難しくなっているが、より正しいシステムを検討し、導入しなければならないと考えている」と記載している。

分散型台帳で発行される証券(セキュリティートークン)は、ポジティブな側面、ネガティブな側面が存在しているとのこと。ポジティブな側面としては、セキュリティートークンは決済サイクルを合理化する可能性が大いにあるとのこと。一方、ネガティブな側面としては、合理化することで仲介者を排除し、その結果、従来のサイクルに慣れ親しんだエンティティが混乱し大きく市場が乱れる可能性があるとのことだ ・特にクリアリングと決済において、分散台帳とスマートコントラクトの実用性が証明されていないことから、ネガティブな側面は引き起こされると考えているとのこと。

中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関して、BISは3種類のデザイン設計を示している。それは、Indirect CBDC(間接型・トークン型)、Direct CBDC(口座型、トークン型)、Hybrid CBDC(DLT上にノードとして市中銀行が存在した間接型・トークン型)とのこと ・BISはCBDCのネガティブな側面を示している。それは、CBDCのコンセンサスメカニズムが多くの場合、トランザクションスループットを低下させ、1日あたり数百万ドルの小額の支払いを負担しなければならないリテール決済に問題を引き起こす可能性があること。そして、DoS(Denial of Service)をあるノードが受ける可能性が拭えないということが挙げられている

編集部のコメント

BISの四半期レポートには、コルレス銀行やクロスボーダー決済のデータも記載されています。そのデータによれば、日本、アメリカ、中国などの経済大国では、コルレス銀行のニーズが減少していて、あらたなクロスボーダー取引のニーズが増加していることが明らかになっています。あらたなクロスボーダー取引は、DLT基盤の取引が開発、研究、実証実験が進められています。

今回のレポートで、多くの課題も指摘されていますが、課題がクリアになっているということは、その課題を解決すれば良いということです。つまり、DLT基盤のあらたなペイメントシステムは5年以内には、実装されるのではないかと、あたらしい経済編集部は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Jackie-Niam)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。

(アンダーソン・毛利・友常法律事務所の長瀨威志弁護士のコメント追記)米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生

アメリカの暗号資産(仮想通貨)を運営するクラーケン(Kraken)がアメリカのワイオミング州より「クラーケン・フィナンシャル(Kraken Financial)」の設立申請を認可されたことを発表した。

ワイオミング州でデジタル銀行クラーケン・フィナンシャル誕生、ユニスワップがプロトコルトークンUNI発表、バハマで10月CBDC発行へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生、分散型金融プラットフォームのユニスワップがプロトコルトークン「UNI」を発表、ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ、バハマ中央銀行がデジタル通貨を10月発行へ、ビットフライヤーが2020年8月の取引実績を発表

(Kyber Network Japan managerの堀次泰介氏、マネーパートナーズグループ社長室の鈴木雄大氏コメントあり)分散型金融プラットフォームのユニスワップがガバナンストークン「UNI」を発表

分散型金融(DeFi)プラットフォームを提供するユニスワップ(Uniswap)がプロトコルトークン「UNI」を発行し、流動性マイニングを行うことを9月16日に発表した。流動性マイニングは日本時間の2020年9月18日午前9時に開始される予定。分散型金融の観点で言及されている流動性マイニングとは、ユーザーが分散型プラットフォームにトークンを供給することで、プラットフォーム側からプロトコルトークンを配布される仕組みのことである。

ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ

米総合メディア企業ワーナーメディア(Warner Media, LLC)の子会社であるターナースポーツ(Turner Sports)がブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチしたことを9月16日発表した。なおこのプラットフォーム初のゲームタイトル「Blocklete Golf」のローンチも併せて発表されている。