Shopify(ショッピファイ)がLibra協会に参加

Shopify(ショッピファイ)がLibra協会に参加

Shopify(ショッピファイ)がLibra協会に参加することが、明らかになった

Libra協会へ参加を決めた理由は、Shopifyがユーザーのために現在の貨幣システムやバンキングシステムの課題を改善することに多くの時間を費やしていて、その課題を解決しうるワンステップだと考えたからとのことだ。

今後、Shopifyは、Libra協会ののメンバーとして、金融システムへのアクセスを容易にし、あらゆる場所で商人や消費者をサポートするペイメントネットワークを構築していくとのこと。

ShopifyのCEO Tobi Lutke(トビアス・リュトケ)氏は、「Libra協会を去る企業が多いのにも関わらず、参加を決めた理由は、Libra協会やLibraは将来への可能性が見込めたからです。興味深いことに、Shopifyが正しいと思うことは、他の人たちが正しくないと思うことになっています」とツイートしている。

編集部のコメント

ShopifyのLibra協会への参加によって、参加企業は全部で21社になりました。

それらの企業は「Calibra, Coinbase, Xapo, Anchorage, Bison Trails, Creative Destruction Lab, Andreessen Horowitz, Thrive Capital, Ribbit Capital, Union Square Ventures, Breakthrough Initiatives, Illiad, , Farfetch, Uber, Lyft, Kiva, Mercy Corps, Women’s World Banking, Spotify, PayU、Shopify」となります。

2004年に創業したShopifyは、2016年から2020年現在までに株価が20倍以上になっています。分散型のマーケットプレイスを試みているShopifyがLibraに参加するのは、すごく良い選択だと、あたらしい経済編集部は考えています。

そしてLibraにとっても、あらたなビジネスモデルを創出しうる企業の参加は、非常に嬉しいことだと思います。

 

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行

中国香港を拠点とするゲーム開発会社アモニカブランズ(Animoca Brands)が同社が提供するゲームタイトル「スターガール(Star Girl)」を、ブロックチェーン開発企業であるダッパーラボ(Dapper Labs)の独自ブロックチェーン「フロウ(Flow)」に移行することを9月22日発表した。またアモニカブランズは「フロウ」にて「MotoGP™」をテーマにしたブロックチェーンゲームをリリースすることも併せて発表した。

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社のCEOを発表、日本損害保険協会とNECがブロックチェーン技術の共同検証開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表、一般社団法人日本損害保険協会とNECが共同保険の事務効率化を目的にブロックチェーン技術の共同検証開始、米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携、LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。