Shopify(ショッピファイ)がLibra協会に参加

Shopify(ショッピファイ)がLibra協会に参加

Shopify(ショッピファイ)がLibra協会に参加することが、明らかになった

Libra協会へ参加を決めた理由は、Shopifyがユーザーのために現在の貨幣システムやバンキングシステムの課題を改善することに多くの時間を費やしていて、その課題を解決しうるワンステップだと考えたからとのことだ。

今後、Shopifyは、Libra協会ののメンバーとして、金融システムへのアクセスを容易にし、あらゆる場所で商人や消費者をサポートするペイメントネットワークを構築していくとのこと。

ShopifyのCEO Tobi Lutke(トビアス・リュトケ)氏は、「Libra協会を去る企業が多いのにも関わらず、参加を決めた理由は、Libra協会やLibraは将来への可能性が見込めたからです。興味深いことに、Shopifyが正しいと思うことは、他の人たちが正しくないと思うことになっています」とツイートしている。

編集部のコメント

ShopifyのLibra協会への参加によって、参加企業は全部で21社になりました。

それらの企業は「Calibra, Coinbase, Xapo, Anchorage, Bison Trails, Creative Destruction Lab, Andreessen Horowitz, Thrive Capital, Ribbit Capital, Union Square Ventures, Breakthrough Initiatives, Illiad, , Farfetch, Uber, Lyft, Kiva, Mercy Corps, Women’s World Banking, Spotify, PayU、Shopify」となります。

2004年に創業したShopifyは、2016年から2020年現在までに株価が20倍以上になっています。分散型のマーケットプレイスを試みているShopifyがLibraに参加するのは、すごく良い選択だと、あたらしい経済編集部は考えています。

そしてLibraにとっても、あらたなビジネスモデルを創出しうる企業の参加は、非常に嬉しいことだと思います。

 

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/4話題】米国規制委員会トップが暗号資産規制強化の方針、ALISがミンカブ子会社になど(音声ニュース)

米国規制委員会トップ、暗号資産やステーブルコイン規制強化の方針、岸田首相「web3サービス利用拡大」言及、臨時国会の所信表明演説で、【取材】Synamon、NFT対応のメタバースプラットフォーム「SYNMN」オープンβ版提供、web3ブログサービス「ALIS」、ミンカブの完全子会社に、PwC香港、メタバース関連企業TerraZeroと連携、キャシーウッドのARK Invest、暗号資産SMA運営Eaglebrookと協業、米SECがキム・カーダシアン提訴、暗号資産の違法宣伝で、バイナンス、カザフスタンと暗号資産市場の発展支援で覚書締結、FTXグローバル、独自のドルインデックス「FTXDXY」を無期限先物で提供開始、ポリゴン、シンガポールVC「Blockchain Founders Fund」のファンドIIへ出資

Sponsored

キャシーウッドのARK Invest、暗号資産SMA運営Eaglebrookと協業

著名投資家のキャッシー・ウッド(Cathy Wood)氏率いるアークインベストメント・マネジメント(ARK Investment Management)が、暗号資産の個別運用口座(Separately Managed Account:SMA)プラットフォームの大手であるイーグルブルーク・アドバイザーズ(Eaglebrook Advisors)と協業することを10月3日に発表した。SMAとは金融機関が投資家から投資判断に関する一任を受けた上で、投資家の口座において、ポートフォリオの設計から運用に関するアドバイスや売買・管理、アフターフォローまでを一括して提供するサービスのことだ。