ブロックチェーンゲーム「ブレイブ フロンティア ヒーローズ」配信後1週間のイーサリアム累計取引量が国内タイトル歴代首位に

ブロックチェーンゲーム「ブレイブ フロンティア ヒーローズ」配信後1週間のイーサリアム累計取引量が国内タイトル歴代首位に

double jump.tokyo株式会社が、ブロックチェーンゲーム「ブレイブ フロンティア ヒーローズ」の正式リリース後1週間のイーサリアム累計取引量が、国内で開発したタイトルとして歴代首位を獲得したことを2月7日プレスリリースにて発表

正式リリース後1週間のイーサリアム累計取引量は、2,850ETH(約6,880万円)を突破した。

また同ゲームは、DappRadarが発表しているイーサリアムベースのブロックチェーンゲームDAU(デイリーアクティブユーザー)ランキングで、1位の「My Crypto Heroes」に続き、2位にランクインしたとのこと。

これにより2月6日現在で、double jump.tokyoがパブリッシングしているタイトルがグローバルで1位、2位を独占をしたことになる。

また同ゲームの海外ユーザーの比率は35%とのことで、日本だけでなくグローバルにおいても好評を得ているということだ。

「ブレイブ フロンティア ヒーローズ」は、シリーズ全世界合計3,800万DLを誇るソーシャルゲーム「ブレイブ フロンティア」のキャラクターやアイテムが、ブロックチェーン技術によってプレイヤーの資産(アセット)となる、新しいスタイルのオンラインゲームで、1月30日に正式リリースされた。「ブレイブ フロンティア ヒーローズ」には、double jump.tokyo株式会社が開発・運営をするブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes」の基盤システムが活用されている。

編集部のコメント

昨年6月25日に正式リリースされた、ブロックチェーンTCG「クリプトスペルズ」はゲーム内通貨SPLの売上金額が正式リリースから2週間で累計900ETH(当時の価格でおよそ3,000万円)を売り上げたことが話題になりました。また一部カードが1枚30ETH(およそ99万円)まで価格が高騰したそうです。「ブレイブフロンティアヒーローズ」の売り上げが2,850ETHで「マイクリプトヒーローズ」の約4.5倍の記録になったそうです。ちなみにソーシャルゲームの平均課金率が9%のところブロックチェーンゲームは30%で、月間にユーザーが利用する平均金額はソーシャルゲームが1万円、ブロックチェーンゲームは10万円にまでなるようです。
なぜブロックチェーンゲームがここまで盛り上がりを見せるのかというと、ブロックチェーンゲームのキャラクターなどのアセットが価値を持つことで、ストックオプションのような役割を持ったことだと思います。ゲームが成長した場合にアセットの価格が上昇する等により、ユーザーがインセンティブを得られるからです。このインセンティブの為にユーザーは、ゲームを盛り上げようと自主イベントを開いたり、ゲームに関わる第3者サービスを作ったりもしています。
このユーザーに対するインセンティブ設計がされていることが、既存のソーシャルゲームとの大きな違いだと思っています。 


コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:bestbrk)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も