マスターカードのCEOがLibra脱退理由を明らかに

マスターカードのCEOがLibra脱退理由を明らかに

Mastercard(マスターカード)のCEOであるAjay Banga(アジェイ・バンガ)氏がLibra協会から脱退した理由をFinancial Timesの取材で語った 。

バンガ氏は「Libraのマネタイズの仕組みが理解できないので、ビジネスとして支持することはできません。さらにLibraは金融包摂のための位置付けですが、独自のウォレットであるCalibraを利用してペイメントシステムを機能させるのは、個人的に納得できません」と答えている。

さらに、バンガ氏は「リブラ協会のメンバーが、本人確認手続き(KYC)やマネーロンダリング対策といったコンプライアンスをしっかり遂行できるかという点にも懸念があります」ともコメントしている。

編集部のコメント

Mastercardは2019年にVisaと共にリブラ協会を脱退しています。当初は28社が創設メンバーとなる予定でしたが、協会始動時には21社まで減少していました。

さらに2020年1月にVodafoneも脱退して、現在の参加企業は20社となっています。ここでMastercardのブロックチェーンに関する取り組みを振り返ると、2019年7月に同社はグローバル決済企業Transfast(トランスファスト)を買収しています。これにより、新興国を含めたMastercardの決済プラットフォームを利用できる企業が増えました。

さらに2019年9月にはCordaと連携して、ブロックチェーン基盤のクロスボーダー決済プラットフォームの開発と試験運用を開始しました。一方Visaは、2020年1月にFintech企業Plaidを53億ドルで買収しています。

MastercardやVisa共に既存の金融インフラ・決済プラットフォームが巧みにブロックチェーン領域に進出して、ビジネス拡大していくのは明らかではないかと、あたらしい経済編集部は考えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:robuart)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ブロックチェーン学習サービス「PoL」が世界8言語対応、Eth2リサーチャーとのAMA開催も発表

株式会社techtec(テックテク)が、同社運営のブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を新たに世界8言語にてグローバルローンチしたことを7月28日発表した。対応する言語は英語、中国語、ヒンディー語、インドネシア語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語となる。

国際決済銀行、クロスボーダー決済を実現する「プロジェクト・ネクサス」構想発表

国際決済銀行(BIS)が各国の高速決済システムを連携させ、国境を越えた即時決済を可能にする「プロジェクト・ネクサス(Project Nexus)」を7月28日に発表した。このプロジェクトは、G20らが進めているクロスボーダー決済の強化に向けた活動を補完するものとのことだ。

リップル(XRP)利用の国際送金サービス開始、SBIレミットとSBI VCトレードがフィリピンに向けに

SBIレミット株式会社が日本初となる暗号資産(仮想通貨)を用いた国際送金サービスを開始したことを7月28日発表した。このサービスは国内にて暗号資産交換業を運営するSBI VCトレード株式会社と米リップル社(Ripple Labs Inc.)との提携を通じてフィリピン向けに展開するとのこと。