テザー社、台湾の大学でブロックチェーン関連の教育プログラム開始

テザー社が台湾の大学で教育プログラム開始

USDTなどのステーブルコイン発行元であるテザー(Tether)社が、台湾にある国立台北科技大学(NTUT)と提携し、同国の学生向け教育プログラムコース「ブロックチェーンとデジタル資産」の開始を6月19日発表した。

同プログラムでは、ブロックチェーン技術やデジタル資産の他、ビットコイン、ステーブルコインに関する知識と実践的なスキルが学べるとのこと。

また同プログラムには、「ブロックチェーンと暗号資産の基礎知識」、「批判的思考力の発達」、「リスク認識と投資原則」、「法律および規制教育」、「業界の洞察とキャリアの見通し」といった内容も含まれているという。

同教育プログラムはまず最初にNTUTの経営学部で導入され、すでに110人以上の学生が参加したとのこと。そしてNTUTの情報金融学部においては最も人気のあるコースになったという。また同コースは、NTUTだけでなく他の大学での導入も決まっているとのこと。

なおテザー社とNTUTは、今回の「ブロックチェーンとデジタル資産」を含む学術プログラムや、研究イニシアチブを台湾で推進していくとしている。

テザー社の事業部門には、最新技術と専門知識を学べるデジタル教育部門「テザーエデュ(Tether Edu)」がある。同部門ではスイスのルガーノ市との教育共同イニシアチブ「プランB財団(Plan B Foundation)」を展開している。今回の台湾における学生向け教育プログラムの導入も、「テザーエデュ」による取り組みの一部であると思われる。

「テザーエデュ」では、教育イニシアチブのリーダーシップとサポートを通じて、ブロックチェーンとP2Pの普及・採用を地域または世界規模で推進していくとされている。

関連ニュース

参考:テザー
images:iStocks/Stanislav-Vostrikov・jauhari1

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道