英フィデリティインターナショナル、JPモルガンの「Onyx」でマネーマーケットファンドをトークン化=報道

オニキスブロックチェーンを採用

英大手資産運用会社フィデリティ・インターナショナル(Fidelity International)が、マネーマーケットファンド(MMF)の株式のトークン化にJPモルガンの「オニキス(Onyx)ブロックチェーン」を採用した。米コインデスク(Coindesk)が6月11日報じている。

報道によればフィデリティ・インターナショナルによるトークン化は、ファンドの名義書換代理人(JPモルガンの名義書換代理人業務)と、銀行のオニキスブロックチェーン上で担保受取人と担保提供者の間に位置するアプリケーションである「トークナイズ・コラテラル・ネットワーク(Tokenized Collateral Network)」との接続を通じて、ほぼ瞬時に行われたとのことだ。

なお「オニキス」はJPモルガンのイーサリアム基盤のプライベートブロックチェーンネットワークだ。「オニキス」では、同社が2019年に立ち上げた企業間決済に特化したデジタル通貨「JPMコイン」を使用して資産トークンを取引できる。

現在、現実世界の資産や権利(RWA:リアルワールドアセット)のトークン化は業界のトレンドという向きがあり、大手銀行が参入している。

JPモルガンは昨年10月、大手資産運用会社ブラックロック(BlackRock)のマネーマーケットファンド(MMF)の株式を「オニキス」でトークン化。この株式は店頭デリバティブ取引の担保として英バークレイズ銀行に送られた。

また、フィデリティ・インターナショナルも3月、スイスのシグナム銀行(Sygnum)とトークン化プロジェクトに取り組んでおり、マターラボ(Matter Labs)保有のフィデリティ・インターナショナルのマネーマーケットファンド(MMF)5000万ドル分がzkSync上でトークン化されている。

※2024.6.12 13:30追記
フィデリティ・インターナショナルを米大手資産運用会社フィデリティインベストメンツ傘下と表記していましたが、両社は同ブランドでありながら別会社であるため、表記を変更しました。

関連ニュース

参考:米CoinDeskシグナム
images:iStocks/Sergey-Khakimullin

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored