米ロビンフッド、暗号資産取引所ビットスタンプ買収へ 機関向けサービス提供も

ロビンフッドがビットスタンプ買収へ

株式や暗号資産(仮想通貨)の取引アプリを提供する米ロビンフッド・マーケッツ(Robinhood Markets)が、グローバルにサービス展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットスタンプ(Bitstamp)の買収契約締結を6月6日発表した。

発表によると買収額は、現金にて2億ドル(約311.8億円)。契約完了は2025年上半期を予定しているという。

2011年に設立されたビットスタンプは、ルクセンブルク、英国、スロベニア、シンガポール、米国にオフィスを構えており、世界中で50のライセンスを有しているという。

ロビンフッドはビットスタンプ買収により、同取引所が抱えるEU、英国、米国、アジアの顧客を取り込み、暗号資産サービスを提供する「ロビンフッドクリプト(Robinhood Crypto)」のグローバル展開を加速できると述べている。

またこの買収により、ロビンフッドでは初の機関向けビジネスを提供すると伝えられている。ビットスタンプでは機関向けにレンディングやステーキングも提供しているとのことだ。

ロビンフッドは、5月8日に発表した第1四半期決算にて、純利益が1億5700万ドルとなり、前年同期の5億1,100万ドルの赤字から黒字転換したことが発表されている。

また同社は5月6日、自社プラットフォームで扱う暗号資産に関し、米証券取引委員会(SEC)から強制措置を事前通告する「ウェルズ・ノーティス」を受けたとも発表している。

関連ニュース

参考:ロビンフッドロビンフッド2
images:iStocks/FMNG・antoniokhr

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道