米ロビンフッド、Q1は黒字転換 暗号資産事業の好調で

ロビンフッドがQ1決算で黒字転換

投資アプリ提供の米ロビンフッド・マーケッツ(Robinhood Markets)が8日に発表した第1四半期決算によると、同社の純利益は1億5700万ドルとなり、前年同期の5億1,100万ドルの赤字から黒字転換した。

1株利益は0.18ドルで、LSEGがまとめた市場予想の0.06ドルを上回った。暗号資産(仮想通貨)取引の好調と、金利上昇に伴う純金利収入が増益に寄与した。

純収入は前年同期比40%増の6億1,800万ドル。ロビンフッドの株価は時間外取引で一時3%近く上昇した。

米国では1月に代表的な暗号資産であるビットコインの現物で運用する上場投資信託(ETF)が承認され、暗号資産業界の市場心理が上向いた。

ただしロビンフッドは6日、自社プラットフォームで扱う暗号資産に関し、米証券取引委員会(SEC)から強制措置を事前通告する「ウェルズ・ノーティス」を受けたと発表している。

株式やオプションの取引も米経済が軟着陸するとの期待から小口投資家が市場に戻ったことから堅調で、取引収入は59%増加。米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めが追い風となり、純金利収入は22%増の2億5,400万ドルとなった。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
ロビンフッド、第1四半期は黒字転換 仮想通貨事業好調
(Sri Hari N S Niket Nishant)

images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ