国連が北朝鮮暗号資産カンファレンス参加を警告

国連が北朝鮮暗号資産カンファレンス参加を警告

国連制裁担当者が、2月開催予定の北朝鮮暗号資産カンファレンスへの参加は制裁違反であると警告していることが、ロイターの報道で明らかになった。

同警告については、今月後半に国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に提出される報告書のなかで言及されているとのこと。

ロイターが確認をした同報告書の内容には、同カンファレンスでは暗号資産による制裁回避とマネーロンダリングについての議論がおこなわれることが伝えられている。

同報告書で制裁担当者は「報道関係者はカンファレンスへの参加が認めれていないため、その内容も公になっていないが、1人のアメリカ人の起訴内容から、カンファレンスの本来の目的は明らかだ」と説明。

昨年4月に開催された第一回目の同カンファレンスに出席し、米連邦捜査局(FBI)に国際緊急経済権限法に違反をしたとして逮捕・起訴されているイーサリアム財団コアリサーチャーのVirgil Griffith(ヴァージル・グリフィス)氏が、同カンファレンスで行われた議論の内容を検察に対し証言をしている。

英政府担当者は「北朝鮮への暗号通貨・ブロックチェーン技術利用の支援は、制裁を逃れて、北朝鮮の武器開発計画の収益を生みだす能力を増大させるため、国連決議に違反するリスクがある」と匿名を条件にロイターへコメントをしている。

なお同カンファレンスの開催は第2回目となり、2月22日から29日の期間で行われる予定となっている。

編集部のコメント

Virgil Griffith氏は、イーサリアムの考案者であるVitalik Buterin氏と共にEthereum2.0の基礎となるPoSアルゴリズム「Casper」を提案し、イーサリアムの開発に関してコアな部分に関わる人物でした。昨年Virgil Griffith氏が逮捕・起訴のニュースが出た際には、業界内外に大きな波紋を呼びました。
ちなみに米国でVirgil Griffith氏が違反したとされる「国際緊急経済権限法(IEEPA)」は、安全保障・外交政策・経済に対する異例かつ重大な脅威に対し、非常事態宣言後、経済制裁もって対処するための法律で、1977年10月28日よりアメリカ合衆国にて施行されました。北朝鮮は2008年から国際緊急経済権限法の適用国となっています。

 

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:Igor-Korchak,clearviewstock)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

LINEが中銀デジタル通貨の開発支援へ、R3がE-Title Authorityの電子船荷証券ソリューション買収、英協同組合がCorda上でXDC発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LINEが中央銀行デジタル通貨(CBDC)開発支援へ、米ブロックチェーン企業R3がE-Title Authorityの電子船荷証券ソリューションを買収、英国の協同組合がDeFiの課題解決のためCorda上でエクスチェンジ・トークン「XDC」を発行

英国の協同組合がDeFiの課題解決のためCorda上でエクスチェンジ・トークン「XDC」を発行

英国の協同組合であるCordite Co-operative(コーダイト・コーポレーティブ)が、R3が開発するエンタープライズブロックチェーンソリューションのCorda上でエクスチェンジ・トークン(Exchange Token)として「XDC」を発行したことを10月20日にThe Blockが報道した。発行体のコーダイト・コーポレーティブはイギリスで初めて分散型台帳上で運営されている協同組合である。

LIFULLらが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施、FRB議長が中銀デジタル通貨に関して言及などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表、FRB議長が中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関して言及「早い導入よりも正しい導入が重要」、米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求、ブロックチェーンコンテンツの未来を考える無料オンラインイベント「Tokyo Blockchain Contents Conference 2020」が10月23日開催、「BlockChainJam2020」が10月24日に無料オンラインイベントとして開催

米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求

金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が銀行秘密保護法(BSA)とその施行規則に違反したとして、暗号資産の資金洗浄・ミキシングサービスを提供するヘリックス(Helix)とコイン・ニンジャ(Coin Ninja)の創設者兼管理者のラリー・ディーン・ハーモン(Larry Dean Harmon)氏へ約63億ドル(6,000万ドル)の民事上のペナルティを課したことを10月19日に発表した。 ミキシングサービスとはウォレット内の暗号資産のトランザクションを分けることで匿名性を高めるサービスのこと。