DeNAのオンチェーンゲーム「trivia. tech」、6月にグローバルで配信へ

「trivia. tech」の第2シーズンが6月にグローバルで配信へ

DeNA(ディー・エヌ・エー)によるオンチェーンゲーム「trivia.tech(トリビアテック)」が、次回はグローバル版として6月にローンチする予定だ。「trivia.tech」の Product Ownerである島岡秀知(passion)氏が自身のXアカウントより5月15日言及した。

「trivia.tech」は、マルチプレイヤー型の早押しクイズゲーム。アルファベットと同じ数の26問のweb3に関するクイズが出題され、最も早く正解したプレイヤーだけがNFTを獲得できるといったゲーム内容だ。今年1月15日に日本語バージョンのみが国内向けにリリースされていた。

「trivia.tech」の初回シーズンは、1か月以上の開催期間を設定していたにもかかわらず、ゲームクリアできる制限人数100名をリリース当日に達成し、即日終了となっていた。

なお「trivia.tech」は、Base(ベース)のメインネットでローンチしている。Baseは、米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が開発したイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2ブロックチェーンだ。

「trivia.tech」の公式Xアカウントからポストされたティザー動画を確認すると、動画内では「Base」の文字も確認でき、次回の「trivia.tech」もBase上でローンチされると思われる。

関連ニュース

images:iStocks/eskymaks

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored