オムニチェーンID認証展開「Layer3」、独自トークン「L3」初回エアドロを今夏実施へ

L3のエアドロップを今夏実施へ

Web3プロジェクトエクスプローラー「レイヤー3(Layer3)」が、独自トークン「L3」のエアドロップを実施する。レイヤー3財団(Layer3 Foundation)が5月10日発表した。なおエアドロップの詳細な実施日については明らかになっていない。

「レイヤー3」は、イーサリアム(Ethereum)L2やソラナ(Solana)、アバランチ(Avalanche)、EVM(イーサリアムバーチャルマシン)チェーンにおけるWeb3プロジェクトのアクティブユーザーになる為のタスクを提供しているオムニチェーンプラットフォームだ。タスクを完了すると「キューブ(CUBE)」と呼ばれるNFTを報酬として受け取れる。

発表によると「L3」のエアドロップは複数回に分けて実施され、今回のアナウンスによるエアドロップはその初回になるとのこと。初回のエアドロップでは、合計発行枚数300,000,000L3のうち5%となる15,000,000L3が配布されるという。なお総供給量の51%がコミ​​ュニティへ割り当てられるとのこと。

なお初回エアドロップにおけるスナップショット(権利確定日)は、「レイヤー3」の初期ユーザーと「キューブ」保有者を対象に5月10日午後2時(UTC)に実施されている。

また独自トークン「L3」は、インセンティブプログラムへのアクセスやステーキングができるユーティリティトークンとのこと。また「レイヤー3」エコシステムの方向性を決める為のガバナンストークンとしても機能するとのことだ。

関連ニュース

参考:レイヤー3財団
images:iStocks/dalebor・olegback

関連するキーワード

#L3

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored