モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

Availがエアドロップ実施か

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった。

Bitcoineo氏はXにて「AVAIL」のエアドロップ基準が記載された文章のスクリーンショットを投稿しており、そこでは「AVAIL」のエアドロップがアベイル・データ・アベイラビリティ・ソリューション(Avail DA:アベイルDA)のローンチ前に実施すると記されている。

ちなみにアベイルDAはアベイルのコア製品の1つで、同製品ではスケーラブルでセキュアなデータ可用性ブロブスペースを確保することで、ロールアップのスケーラビリティを解決するという。

リークされた文章には「AVAIL」のエアドロップ対象となる際の資格要件について、L2ロールアップのアービトラム(Arbitrum)やオプティミズム(Optimism)、ポリゴン(Polygon)、zkシンク(zkSync)、スタークネット(Starknet)を利用するユーザーが挙げられている。

また上記のL2ロールアップ利用者の他にも、ブロックチェーンエコシステムの開発者やノード貢献者、ポリゴンPoS(Polygon PoS)のステーカーなどが「AVAIL」のエアドロップ対象になるとされている。

なお現在これらの情報についてアベイルからは公式発表がされていない状況だ。

アベイルとは

アベイルは2023年3月にポリゴン(Polygon)から独立したプロジェクトで、ポリゴン共同設立者アヌラグ・アルジュン(Anurag Arjun)氏が率いている。

モジュール型のブロックチェーン・プロジェクトであるアベイルは、アプリ固有のものを含む多数のロールアップがブロックチェーンのスケーラビリティを高めると考え、ロールアップの合理化を目的としている。

今年2月にはピーター・ティール(Peter Thiel)氏設立のベンチャーキャピタル(VC)であるファウンダーズファンド(Founders Fund)と暗号資産(仮想通貨)投資会社ドラゴンフライ・キャピタル(Dragonfly Capital)が共同主導したシード資金調達ラウンドで、2700万ドル(約40億円)を調達した。

関連ニュース

images:iStocks/dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資