L1ブロックチェーン「Saga」メインネット立ち上げ、独自トークン「SAGA」エアドロップへ

Sagaがメインネット立ち上げ

独自L1ブロックチェーン開発用プロトコル 「サーガ(Saga)」が、メインネットのローンチ及び独自トークン「SAGA」のエアドロップ予定を4月9日発表した。

「サーガ」はスマートコントラクトのデプロイと同じくらい簡単に、開発者がチェーンレット(Chainlet)と呼ばれる独自ブロックチェーンを自動的に立ち上げられるプロトコル。同プロトコルのテストネットが昨年10月にローンチされて以降、200以上のチェーンレットが立ち上げれているという。

なお「サーガ」にはチェーンレットの他に、開発者がチェーンレットを起動し維持する場所であるプラットフォームチェーンと、「サーガ」のセキュリティ及びSAGA発行元であるセキュリティチェーンがあり、全部で3つの要素で構成されている。

そして今回ローンチされたメインネットは6段階に分割されており、今回はその第1段階目としてセキュリティチェーンの立ち上げに取り組むとのこと。

なお第1段階におけるチェーンレットとプラットフォームチェーンは「財団(サーガの財団と思われる)」のバリデータによって運用され、セキュリティチェーンについては外部の分散型バリデータによって運用されるとのこと。

ちなみにチェーンレット・プラットフォームチェーン・セキュリティチェーンは、コスモス(Cosmos)が提供するアプリケーション固有のブロックチェーンの作成をサポートするツール「コスモスSDK(Cosomos SDK)」を使用して作成されているという。

またメインネット立ち上げに伴い、「サーガ」では数か月以内にSAGAのエアドロップを実施予定とのこと。

なお同トークンは今月5日0:00(UTC)から4日間にわたって、大手海外暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)提供の「バイナンスローンチプール(Binance Launchpool)」にて取り扱われている。「バイナンスローンチプール」では、SAGA総供給量1,000,000,000SAGAのうち4.5%となる45,000,000SAGAが報酬対象となった。

なおSAGAは、「サーガ」のネットワークガバナンスとして機能する他、ネットワーク手数料やステーキングに活用できるとのこと。

関連ニュース

参考:SAGA1SAGA2
images:iStocks/RAPEEPON-BOONSONGSUWAN・dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored