米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ

FDUSDがSuiでローンチ

担保型の米ドルステーブルコイン「FDUSD(First Digital USD)」が、レイヤー1ブロックチェーン「スイ(Sui)」上でローンチした。「FDUSD」発行元である香港拠点のカストディアン及び登録信託会社ファーストデジタル(First Digital)が4月10日発表した。

これにより「FDUSD」は、「スイ」上において初の1:1で裏付けられた独自の米ドルステーブルコインになるとのこと。なお「FDUSD」は、BNBチェーン及びイーサリアム(Ethereum)上でも発行されている。

「スイ」は「FDUSD」のローンチについて「ファーストデジタルとスイの提携は、取引の流動性と効率性を強化し、従来の金融を拡大し続けるデジタル経済に橋渡しし続けることを目的とした戦略的提携です」とXにて説明している。

また「FDUSD」は米国人を対象としたものではない為、米国人は利用できないともXにて説明されている。

スイ(SUI)とは

「スイ」は、メタ(Meta)のブロックチェーン研究開発部門であるディエム(Diem)の元リードエンジニアたちによって設立されたミステンラボ(Mysten Labs)開発のブロックチェーン。高い処理性能による高速なトランザクションと低い手数料で利用できることから高く評価されている。なおスイは、昨年5月3日にメインネットがローンチしている。

ちなみに「スイ」は、ディエム開発の開発言語「ムーブ(Move)」を採用している。また「スイ」の他に、ディエムの開発チームに所属していた元メンバーによって開発されているL1ブロックチェーン「アプトス(Aptos)」でも、「スイ」と同じく開発言語には「ムーブ」が採用されている。

なお国内暗号資産取引所では唯一オーケーコイン・ジャパンが、「スイ」のネイティブトークン「SUI」を取り扱っている。

関連ニュース

images:iStocks/irabell

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資