a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース

a16z cryptoがゼロ知識証明を用いたソリューション公開

米大手ベンチャーキャピタル「アンドリーセン・ホロウィッツ(Andreessen Horowitz:a16z)」のweb3関連投資部門a16z cryptoが、ゼロ知識証明(zkp:zero knowledge proof)を用いたソリューション「ジョルト(Jolt)」のリリースを4月9日発表した。

「ジョルト」では、証明者が指定されたコンピュータープログラムを正しく実行したことを証明できるSNARK(Succinct Non-interactive ARguments of Knowledge)技術「zkVM(ゼロ知識仮想マシン)」が基盤になっているという。

これによりクリプト(暗号資産・ブロックチェーンの総称)に関する深い知識が無くても、コンピュータプログラムを作成できる人であれば誰でもSNARKを使用できるとのこと。

発表によると基本的にSNARKは、計算を証明する上で膨大なリソースを消費している為、同技術を採用する際のコストが高額になるという課題があるという。仮に、計算の実行に1ドルかかる際、その計算が正しく実行されたことを証明する為にSNARKを採用したことで、何百万ドルも費用がかかる可能性があるとのこと。

しかし「ジョルト」で採用されている「zkVM」により、処理速度の高速化やセキュリティ向上に加え、開発者にとって拡張が容易で監査が簡単になっているとのこと。

a16zは昨年12月、2024年にクリプト業界に期待することの1つにSNARKをあげていた。

コストやネットワークのスケーラビリティの点で限界があった計算ワークロードを検証する戦略が、SNARKの技術によって解決する使えるものになってきている為、SNARKによる計算効率の向上により、社会的に大きな利益をもたらす多くのユースケースが生まれるとのこと。

関連ニュース

参考:a16z
images:iStocks/Ket4up

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored