OKX、EU市場で「USDT」取引ペアのサポート終了=報道

新規制MiCAに備えて

海外大手暗号資産(仮想通貨)取引所OKX(オーケーエックス)が、欧州経済領域(EEA)のトレーダー向けに提供していた暗号資産(仮想通貨)USDTの取引ペアのサポートを終了した。暗号資産メディアのザ・ブロック(The Block)が3月18日報じている。

これは、欧州連合(EU)が今年6月から開始する暗号資産市場規制法案(MiCA)に備えた動きだという。

ステーブルコインの発行体は法令準拠のため顧客資金を裏付けるのに十分な現金を保有し適切な開示を行い、リスクや価格安定化のメカニズム、資産の保管方法などを公開する義務が課せられる。

MiCAにより、EUでは一部のステーブルコインの使用が制限される予定だ。

OKXはザ・ブロックの取材に対し、USDTの代わりに法定通貨ユーロ(EUR)からの入金およびユーロの通貨ペアの提供に拡大したため、影響を受けるユーザーは限定的だと伝えている。

またEU地域の一部トレーダーがOKXから受け取ったメールでは、上場廃止の理由はMiCAによるものであるとは明示されておらず、今後の規制体制の変更について言及する形がとられていたという。

同メールには、規制要件の影響により全てのトークンが全ての市場で利用できるわけではないことを了承してほしい旨が記されている。

EU全メンバー国の財務大臣からなる経済金融問題理事会は昨年5月、MiCAを採択した。これにより暗号資産の発行者・暗号資産取引所・ウォレットプロバイダーは、2025年1月までに登録・認証を受けなければならない。

関連ニュース

参考:The Block
images:iStock/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない