オーケーコインジャパン、Optimismチェーンのイーサリアム(ETH)に対応へ

オーケーコインジャパン、「オプティミズム」ETHに対応へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコインジャパン(OKCoinJapan)が、同取引所にて取り扱う暗号資産イーサリアム(ETH)において、新たに「Optimism(オプティミズム)」チェーン(ネットワーク)に対応することを3月15日発表した。3月21日17:00より対応開始するとのこと。

なお「オプティミズム」は昨年6月に「OP Mainnet(OPメインネット)」に名称を変更しているが、便宜上旧名が使われるケースが多い。

今回の対応により同取引所では、「イーサリアム(Ethereum)」および「アービトラムワン(Arbitrum One)」、そして「オプティミズム」のネットワーク上のETHが入出庫(受取/送金)出来るようになるとのことだ。

ちなみに各ネットワークの出庫手数料(最小)は、「イーサリアム」が0.005ETH。「アービトラムワン」および「オプティミズム」は0.0005ETHとなっている。

オプティミズム(OPメインネット)とは

「OPメインネット」は、OPラボ(OP Labs)開発のイーサリアムのレイヤー2スケーリングソリューション。

「OPメインネット」が採用するスケーリング技術「オプティミスティックロールアップ(Optimistic Rollups)」では、正当性の検証方法をレイヤー1(イーサリアム)に提出されるデータはすべて正当なものであるという「楽観的(オプティミスティック)」な前提に基づいて検証を行う手法にて、スケーラビリティを確保している。

なお「ロールアップ」とは、元となるブロックチェーンのセキュリティなどを活用しながら、ガス代(ネットワーク手数料)やネットワークの混雑解消を図るスケーリング技術のことだ。

関連ニュース

参考:オーケーコイン・ジャパン
images:iStocks/primo-piano

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資