Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表

Wormholeがネイティブトークン転送のための新しいフレームワークを発表

クロスチェーンプロトコル「ワームホール(Wormhole)」が、「ネイティブトークン転送(NTT:Native Token Transfers)」用の新たなオープンフレームワークを3月1日に発表した。

「NTT」は、異なるブロックチェーン間でネイティブトークンを直接、安全かつ効率的に転送することを可能にする機能だ。

「ワームホール」によると「NTT」の新たなフレームワークを利用することにより、開発者は自身の発行するトークンに対し、同機能の実装が簡易にできるようになるという。

これにより開発者は自身が発行するトークンを、複数のブロックチェーンプラットフォーム上でネイティブの規格のまま自由に移動させることができるため、流動性とアクセシビリティが大幅に向上するとのことだ。

ただし、この新たなフレームワークの詳しい仕様については現状で公開されていない。

一般的にブロックチェーンを跨いだトークンの転送には、「ブリッジ」という技術が利用される。この「ブリッジ」では、サービスを提供するプロトコルのスマートコントラクトなどに元のチェーンのトークンをロックするなどをしたのちに、転送先のブロックチェーンで、プロトコルが用意したコントラクトで元のトークンに紐づいたトークンをミントすることで転送が実装されている。

ただし、この設計ではスマートコントラクトをカスタマイズできないため、転送後のトークンの機能が制限されてしまうことや流動性が分散し断片化してしまうという問題がある。

「ネイティブトークン転送」では、このブロックチェーン間でのトークン転送をシームレスに行えるようにし、流動性の断片化を防ぐだけでなくネイティブ仕様のまま転送ができるため、スマートコントラクトのカスタマイズが可能となり自由に機能を追加できるようになるという。

同フレームワークはすでに「ワームホール」の独自トークン「W」、「リドファイナンス(Lido Finance)」の「wstETH」、「パッファ―ファイナンス(Puffer Finance)」の「pufETH」、「イーサファイ(ether.fi)」の「eETH」、「パイクファイナンス(PikeFinance)」の「PIKE」に適用されているとのことだ。

関連ニュース

参考:ワームホールブログ
images:iStocks/mouu007

関連するキーワード

#W

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ