話題のビットコインETFって何? その仕組みは? 暗号資産取引所 担当者が解説!

Bitcoin ETFってなんだ? 

米国時間2024年1月10日(日本時間1月11日早朝)、ついにSEC(米国証券取引委員会)が11銘柄の現物Bitcoin ETF(注)の上場申請を承認しました!これで米国ではNasdaq、CBOE、NYSEでBitcoin ETFが売買できるようになりました。

※日本居住者がBitcoin ETFに投資できるようになるわけではありません。
注:以下のSECからの公表文では、「Exchange Traded Product」を承認した、と書かれています。各社のS-1(申請書類)には、日本の投信法に相当するInvestment Company Actに基づく登録はしていないと記載されており、この理由からSECはあえて「ETF」ではなく「ETP」と表現している可能性があります。本記事では「ETF」という言葉を使います。

SECからの公表文

直近数か月の暗号資産界隈はこのニュースで持ちきりで、2023年のビットコイン価格の上昇はこの件が要因だという分析も多く目にしました。

この記事では、そもそもBitcoin ETFとは何か(ETFとは何か、仕組み)、今回の現物Bitcoin ETFははぜインパクトが大きいのかを解説していきます。

ETFとは何か

ETFは証券取引所に上場し取引されるもので、株価指数などに代表される指標への連動を目指す投資信託(インデックス型ETF)と、連動対象指標が存在しないアクティブ運用型投資信託(アクティブ運用型ETF)があります。「Exchange Traded Funds」の頭文字をとりETFと呼ばれています。

ETFは証券会社に口座を持っている人であれば上場株を売買するように売買できます。

こちらから日本取引所グループの証券取引所で売買できるETF一覧が確認できます。

ETFの代表的な商品として、「東証株価指数(TOPIX)」に連動するETFがあります。

TOPIX(東証株価指数)とは「Tokyo Stock Price Index」の略で、東京証券取引所に上場する銘柄を対象として算出・公表されている株価指数です(TOPIXの詳しい説明は日本取引所グループのこちらのページにあります)。

このTOPIXに連動するETFは、TOPIXの値動きとほぼ同じ値動きをするように運用されます。

つまりこのETFを保有することで、TOPIX全体に投資を行っているのとほぼ同じ効果が得られます。

この株価指数に連動するETFのほかにも不動産、債券、コモディティ価格に連動するETFなどがあります。

なので、Bitcoin ETFができると、ビットコインの値動きに連動する、証券取引所に上場している商品ができる、ということになります。

現物ETFの仕組み

現物ETFは以下3つのタイプがあります。

1. 現物設定・償還(交換)方式
2. 現金設定・保有有価証券払出(交換)方式
3. 現金設定・償還方式

今回のBitcoin ETFについては、1.現物株式設定・償還(交換)方式、または3.現金設定・償還方式のどちらとするかの議論がありました。

例えば株式ETFの場合、現物設定・償還方式(In-kind方式と呼ばれます)の場合、ETFの設定を希望する投資家は、もともと保有している株式や株式市場・貸株市場で、 ETF設定用の株式現物バスケットを用意します。指定参加者(証券会社)を介して、この株式現物バスケットをETFに拠出することによってETFが設定されるのです。

償還(交換)の場合はこの逆で、ETFから現物バスケットが、指定参加者(証券会社)を介して、投資家に返却されることになります。

ETFの基準価額とは、発行市場で指定参加者(証券会社)がETFの設定・償還(交換)の際に用いる価格です。株式ETFの場合、1日1回、ETFの保有有価証券の直近の引け値を使って計算されます。

ETFの基準価額とETFの市場での取引価格に差が出た場合、指定参加者(証券会社)が裁定取引を行うため、両者の価格は乖離しにくくなります。

現物設定・償還方式の仕組み 出所:日興アセットマネジメント

現金設定・償還方式(Cash Create方式と呼ばれます)の場合、ETFを現金で設定し、ETF運用会社が対象の現物を買い付け、償還(一部解約)時にはETF運用会社が保有している現物を現金化して償還する、というものです。

この場合、現物設定・償還方式に比べて現物価格とETFの市場での取引価格の乖離が起きやすくなる可能性があります。

現金設定・償還方式の仕組み 出所:日興アセットマネジメント

もともとはBlackrockなどは現物設定・償還(交換)方式で申請していたのですがSECとのやりとりの中で現金設定・償還方式となりました。

これは指定参加者である証券会社がビットコイン現物を売買し、保管するのが難しかったからではないかと筆者は推察しています。

米国でのETF上場申請の状況

今回承認されたのは11銘柄のBitcoin ETFですが、2023年の中頃から多くの運用会社がBitcoin ETFの申請を行っていました。

SECに申請された現物ビットコインETF 出所:各社S-1

2023年10月半ばから、SECのコメントを受けたと思われるS-1(申請書類)の修正が相次ぎ、承認に向けた議論が進んでいるな、と思われていました。

ビットコインETFを設定するためにBlackrockなどの運用会社はBitcoinを買うことになりますが、買ったBitcoinを保管するCustodyはどこにするか(現状Coinbaseとしているところが多い)、ETFの基準価額はどこの取引所におけるBitcoin価格を参照して決めるのか?どのように決めるのか?操作されないのか?、開示書類における投資家へのリスク開示は十分か?などが議論されていました。

2023年の年末にBlackrockのETF(iShares Bitcoin)の指定参加者をJane Street、JP MorganとするS-1の修正が行われ、年初には更にMacquarie Capital (USA) Inc.とVirtu Americasが追加。これが承認前最後の修正となりました。

承認されたのはこちらの11銘柄です。CBOEでは米国時間1月11日から各取引所で取引が開始されています

今回承認された現物ビットコインETF銘柄 出所:Bloomberg

Bitcoin ETFができると何がすごいのか?

Bitcoin ETFをきっかけに、世界の機関投資家がビットコインをポートフォリオに組み入れる可能性があるのではないかと言われていま…………………………>> この記事の続きはこちら(Bitcoin ETFってなんだ?/bitFlyer Blog)へ。

株式会社bitFlyer
クリプトストラテジー室 室長

金光碧

この記事について

本記事は株式会社 bitFlyerが運営する「bitFlyer Blog」の試し読み記事です。全編は「bitFlyer Blog」からお読みいただけます。

本記事の全編(Bitcoin ETFってなんだ?/bitFlyer Blog)

「bitFlyer Blog」TOPページ

<本記事について>
本記事は一般的な情報の提供のみを目的としたものであり、いかなる暗号資産、有価証券等の取得を勧誘するものではありません。また、株式会社幻冬舎及び株式会社 bitFlyerによる投資助言を目的としたものではありません。また株式会社幻冬舎及び株式会社 bitFlyerが暗号資産の価値を保証するものでもありません。暗号資産投資にはリスクが伴います。投資を行う際はリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

金光碧

株式会社bitFlyer クリプトストラテジー室 室長

株式会社bitFlyer クリプトストラテジー室 室長

合わせて読みたい記事

【随時更新】2024年 暗号資産/ブロックチェーンなどWeb3領域の主要カンファレンス日程まとめ

今年2024年も国内外で様々な暗号資産(仮想通貨)/ ブロックチェーンなどWeb3領域のカンファレンスの開催が予定されています。この記事では今年の主要なイベントについてご紹介します。今後こちらの情報も随時更新していく予定です。ぜひブックマークしてご利用ください(最終更新2024年1月26日)。

HTXが「HTX DAO」ローンチ、ガバナンストークン「HTX」も発行へ

海外暗号資産(仮想通貨)取引所のHTXが、HTX DAOの設立およびガバナンス機能付きプラットフォームトークン「HTX:HTX DAO」を発行し、独自に発行しているプラットフォームトークンである「HT:Huobi Token」からの移行を発表した。HTX DAOは1月18日に設立され、トークンの移行に関しては1月20日に発表されている

NFTのビジネス活用が学べるイベント「NFT meets BUSINESS」2/6開催、クリプトリエ新サービス発表も

NFTのビジネス活用が学べるイベント「NFT meets BUSINESS 2024 produced by cryptolier」が、東京ミッドタウン日比谷で2月6日に開催される。web3に関するコンサルティングや開発事業を手掛ける、株式会社クリプトリエが「NFTのビジネス活用を”今”からはじめよう」をテーマに主催するイベントだ。

渋谷がアートとテックに染まる3日間「DIG SHIBUYA」1/12~14開催、回遊型NFTスタンプラリーや移動式参加型アートなど

テクノロジーとアートを掛け合わせた最新カルチャーを体験できる回遊型のイベント「DIG SHIBUYA(ディグシブヤ)」が、2024年1月12〜14日の3日間開催される。SHIBUYA CREATIVE TECH(SCT)実行委員会が主催、渋谷区が共催のイベントだ。

Web3メディアに携わってきた3人が来年のトレンド大予想!「EXODUS」公開収録 & Centrum 大忘年会 12/23 開催

「あたらしい経済」編集長の設楽悠介と、元コインテレグラフジャパン編集長で、現在 dYdX Foundation Japan Lead を務める大木悠氏の人気ポッドキャスト番組「EXODUS」。この番組の公開収録イベントが、 12/23(土)夜に渋谷  Centrum で開催される。

[締切間近] 熊本県主催「NFT×球磨焼酎」イベントがリアルとメタバース開催!リアル会場では試飲会も(12/13 18:30-)

熊本県のDX公募型実証事業の一つ「NFT・メタバースを活用した球磨焼酎のブランド力向上」の取組みの一環として、案内人が語る球磨焼酎の魅力紹介や、web3や地方創生の先駆者によるトークセッション、さらには様々な球磨焼酎の試飲もできるイベントが12月13日に開催される。熊本県主催で、イベント企画・運営をみずほ銀行が実施するイベントだ。

日本のWeb3の未来を一緒に盛り上げたい。Web3ウォレット開発の「Blocto」が日本参入で目指すこと(郭巧童 / カク・ナオカ)

Bloctoは、今年日本支社を立ち上げた。今回「あたらしい経済」ではBlocto日本事業開発責任者である郭巧童(カク・ナオカ)氏を取材。郭氏に、日本の市場をどう捉えているのか、そして今後どのようなサービスを展開していくのか、ウォレットのアップデートなどの最新情報も含めて、語っていただいた。

Sponsored

人気NFTと渋谷の街がコラボ! 国際NFTフェス「ISTNF」11/7-12開催(INTERNATIONAL SHIBUYA TOKYO NFT FESTIVAL 完全ガイド)

世界中のTOKYO CULTURE NFTプロジェクトと、プロジェクトリーダー、クリエイターやホルダー、コミュニティと共に創りあげる、国際NFTフェスティバル「INTERNATIONAL SHIBUYA TOKYO NFT FESTIVAL(ISTNF)」が、2023年11月7日(火)~12日(日)に東京・渋谷開催される。