NFTのビジネス活用が学べるイベント「NFT meets BUSINESS」2/6開催、クリプトリエ新サービス発表も

NFTのビジネス活用を学べる「NFT meets BUSINESS」開催

NFTのビジネス活用が学べるイベント「NFT meets BUSINESS 2024 produced by cryptolier」が、東京ミッドタウン日比谷で2月6日18:00から開催される。web3関連のソリューションを手掛ける、株式会社クリプトリエが「NFTのビジネス活用を”今”からはじめよう」をテーマに主催するイベントだ。

このイベントでは、クリプトリエ 代表取締役の手塚康夫氏によるNFTのビジネス活用を支援する新サービスの初お披露目が予定されている。また博報堂キースリー CEOの重松俊範氏や幻冬舎 あたらしい経済 編集長の設楽悠介が、企業が効果的にNFTをビジネスで活用するために役立つ情報を提供する個別セッションと実施。そして手塚氏、重松氏、設楽の3名によるパネルディスカッションも開催される。さらにイベント後半では懇親会を通したネットワーキングの機会も提供される。

自社でweb3/NFTビジネスに取り組みたい企業や、自社顧客へweb3/NFTビジネスの提案を行いたい企業、そしてweb3/NFTに関するサービスを提供中で協業先を求めている企業の担当者に、おすすめのイベントだ。

なお参加費は無料だ。参加のためには事前の登録が必要な定員制のため、ぜひご興味のある方はお早めにイベント公式サイトをチェックしてみて欲しい。

イベント概要

  • 開催日時:2024年2月6日(火) 18:00-20:30 (開場:17:30)
  • 開催場所:BASEQ HALL1 (東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 6F)
  • 参加費用:無料(事前の登録が必要です)
  • 主催:株式会社クリプトリエ
  • 協賛:株式会社博報堂キースリー、株式会社ジェーエムエーシステムズ
  • メディア協賛:あたらしい経済
  • 定員:先着70名
  • 参加申し込み:イベント公式サイトで受付中

「NFT meets BUSINESS」各セッションテーマ

SESSION1:「今までにないNFTマーケティングでビジネスに変革を」
登壇者:株式会社クリプトリエ 代表取締役 手塚康夫
企業におけるweb3のビジネス活用の機運が高まり、特にマーケティング領域で活用が進みつつあるNFTに企業はどのように取り組めば良いのか?web3関連のソリューションを手掛けてきた手塚氏がNFTのビジネス活用を支援する新サービスのご紹介を交え解説。

○SESSION2:「Web3とは? 企業が参入する際の重要なポイントを解説」
登壇者:株式会社幻冬舎「あたらしい経済」編集長 設楽悠介
Web3の基礎知識から、具体的に企業が参入できる領域、またビジネスを展開する上で考慮すべきポイントなど、これまで国内外の数々のWeb3プロジェクトを取材してきたブロックチェーン/暗号資産メディア編集長が解説。これからはじめる企業のWeb3担当者必見!

○SESSION3:「ブロックチェーンは巨大CRM?」
登壇者:株式会社博報堂キースリー CEO 重松俊範
これまで各企業は個別に個人情報を収集してきたが、様々な観点からそれらが限界に来ていると言える。もしブロックチェーンが巨大なCRMだとしたら、そして各企業が皆でそれを共に使うことが出来たら、企業にとっても生活者にとっても少し便利でより良い世の中になるかもしれない。博報堂とAstar Networkの開発サポート企業Startale Labs Japanのジョイントベンチャーである博報堂キースリーのCEOがブロックチェーンの可能性を語る。

○パネルディスカッション「NFTのビジネス活用を”今”からはじめよう(仮)」
モデレーター:株式会社幻冬舎「あたらしい経済」編集長 設楽悠介
パネリスト:株式会社博報堂キースリー CEO 重松俊範、株式会社クリプトリエ 代表取締役 手塚康夫

(敬称略)

無料参加申し込みはこちら

→「NFT meets BUSINESS 2024 produced by cryptolier」公式サイト

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【随時更新】2024年 暗号資産/ブロックチェーンなどWeb3領域の主要カンファレンス日程まとめ

今年2024年も国内外で様々な暗号資産(仮想通貨)/ ブロックチェーンなどWeb3領域のカンファレンスの開催が予定されています。この記事では今年の主要なイベントについてご紹介します。今後こちらの情報も随時更新していく予定です。ぜひブックマークしてご利用ください(最終更新2024年1月26日)。

HTXが「HTX DAO」ローンチ、ガバナンストークン「HTX」も発行へ

海外暗号資産(仮想通貨)取引所のHTXが、HTX DAOの設立およびガバナンス機能付きプラットフォームトークン「HTX:HTX DAO」を発行し、独自に発行しているプラットフォームトークンである「HT:Huobi Token」からの移行を発表した。HTX DAOは1月18日に設立され、トークンの移行に関しては1月20日に発表されている

渋谷がアートとテックに染まる3日間「DIG SHIBUYA」1/12~14開催、回遊型NFTスタンプラリーや移動式参加型アートなど

テクノロジーとアートを掛け合わせた最新カルチャーを体験できる回遊型のイベント「DIG SHIBUYA(ディグシブヤ)」が、2024年1月12〜14日の3日間開催される。SHIBUYA CREATIVE TECH(SCT)実行委員会が主催、渋谷区が共催のイベントだ。

Web3メディアに携わってきた3人が来年のトレンド大予想!「EXODUS」公開収録 & Centrum 大忘年会 12/23 開催

「あたらしい経済」編集長の設楽悠介と、元コインテレグラフジャパン編集長で、現在 dYdX Foundation Japan Lead を務める大木悠氏の人気ポッドキャスト番組「EXODUS」。この番組の公開収録イベントが、 12/23(土)夜に渋谷  Centrum で開催される。

[締切間近] 熊本県主催「NFT×球磨焼酎」イベントがリアルとメタバース開催!リアル会場では試飲会も(12/13 18:30-)

熊本県のDX公募型実証事業の一つ「NFT・メタバースを活用した球磨焼酎のブランド力向上」の取組みの一環として、案内人が語る球磨焼酎の魅力紹介や、web3や地方創生の先駆者によるトークセッション、さらには様々な球磨焼酎の試飲もできるイベントが12月13日に開催される。熊本県主催で、イベント企画・運営をみずほ銀行が実施するイベントだ。

日本のWeb3の未来を一緒に盛り上げたい。Web3ウォレット開発の「Blocto」が日本参入で目指すこと(郭巧童 / カク・ナオカ)

Bloctoは、今年日本支社を立ち上げた。今回「あたらしい経済」ではBlocto日本事業開発責任者である郭巧童(カク・ナオカ)氏を取材。郭氏に、日本の市場をどう捉えているのか、そして今後どのようなサービスを展開していくのか、ウォレットのアップデートなどの最新情報も含めて、語っていただいた。

Sponsored