渋谷がアートとテックに染まる3日間「DIG SHIBUYA」1/12~14開催、回遊型NFTスタンプラリーや移動式参加型アートなど

「DIG SHIBUYA」2024/1/12~14開催

テクノロジーとアートを掛け合わせた最新カルチャーを体験できる回遊型のイベント「DIG SHIBUYA(ディグシブヤ)」が、2024年1月12〜14日の3日間開催される。SHIBUYA CREATIVE TECH(SCT)実行委員会が主催、渋谷区が共催のイベントだ。

「DIG SHIBUYA」では、150を超える渋谷の文化・エンターテイメント施設を渋谷区の文化的な資産として位置づけ、Web3など先端技術を取り入れた施策を実施・支援することで、その魅力を国内外に伝え、文化・観光・産業活性化を図るとのこと。

またこのイベントでは、「渋谷で遊び・暮らし・学び・働くシブヤ民が、気軽にアート、カルチャー、最新テクノロジーに触れる機会を創出する」とも説明されている。

国内外からアーティストを招きアートのインスタレーションを展開するとともに、渋谷で活動する企業や団体の新しい技術やアイデアを披露する場として活用する実験的なイベントとのことだ。

第1回目となる今回の見どころとして、「公園通りでの移動式参加型アート」、「深夜のスクランブル交差点の街頭ビジョンを使った映像作品の上映」、「採択団体や連携パートナーの展示」等が挙げられている。

さらには、渋谷区内の連携店舗を巡りNFTアートが入手できるデジタルスタンプラリーも開催されるとのこと。

公園通りでの移動式参加型アート

「公園通りでの移動式参加型アート」では、マイアミ生まれのサミュエル・アルバート・ボークソンと、キューバのハバナ生まれのアルトゥーロ・サンドバルが2002年に設立したFriendsWithYou(フレンズウィズユー)が、メインアーティストとして参加。公園通りにて移動式参加型アートが1月13日12:00〜15:00に展開される。

なお代々木公園ケヤキ並木ではFriendsWithYouと一緒に写真が撮れる形のアートは「DIG SHIBUYA」開催期間中、終日展示されるとのこと。

深夜のスクランブル交差点の街頭ビジョンを使った映像作品の上映

1月12〜14日の3日間の24:00~25:00に、渋谷スクランブル交差点の大型スクリーンを連動させた映像プログラム「Shibuya Crossing Night Art」が展開される。

このプログラムでは、「DIG SHIBUYA」オフィシャルアーティストのAsako Fujikura、FriendsWithYou、Ittah Yoda、Nile Koettingの他、公募で採択された、分散型のグローバル・クリエイティブ・コミュニティ「REFRACTION DAO」コーディネートの下、Asuka Watanabe×Iain Howie、YOSHIROTTEN、などのアーティストの作品が上映される。

採択団体や連携パートナーの展示

また最新テクノロジーとアートの分野で活動する13のクリエイティブ団体との連携プログラムが展開される。1月12〜14日のイベント期間中、PARCOや勤労福祉会館等の渋谷駅周辺施設で展示や体験イベントが開催される。渋谷の公共空間や文化施設が、一つのART x TECHの美術館になる取り組みだ。

採択団体・連携パートナー・渋谷区内店舗の回遊型NFTスタンプラリー

「DIG SHIBUYA」では、公募企画や連携パートナー企画を巡るだけでなく、渋谷の街自体をより深く知ってもらうため、公園通りを中心としたエリアにて、デジタルスタンプラリー「All JAPAN NFT STARS COLLECTION」が実施される。

参加方法は通常のスタンプラリー同様、回遊場所を巡って、 QRコードをスタートバーン提供の「FUN FAN NFT」専用サイトで読み取ることで、参加者はNFTが獲得できる。

また全種類のNFTを手に入れることで「DIG SHIBUYA」限定のコンプリート特典も入手できるとのこと。なおスタンプラリー参加店舗については、当日公開される予定だ。

なおこのスタンプラリー参加アーティストは、以下の通りだ。

オープニングイベントも開催

また「DIG SHIBUYA」では、前述のようなオフィシャルプログラムと公募プログラムの他、2つのオープニングイベントも開催される。

1月12日14:00~19:30には、「Talks, Installations + Meet Up DIG SHIBUYA 2024 Opening Session」がSpotify O-EASにて開催される。このイベントでは、審査員やアーティストのトークセッションや連携パートナーであるBonsai CollectorsとTOTEMOのインスタレーションに、サイバー南無南無のアクト、そして最後にクリエイティターやアーティストが集まる一夜限りのミートアップが開催される。

なおこのイベントへの参加には、peatixからの申し込み(入場料3,000円)が必要となる。

また同日23:00からは「DIG SHIBUYA 2024 OPENING PARTY」がSpotify O-EASにて開催される。

こちらのイベントには、オープニングパーティーのヘッドライナーとして、ダブステップの先駆者の一人であり、レーベルHyperdubの創設者であるスコットランド出身のアーティストKode9が参加する。

また日本におけるメディアアートの第一人者として活躍を続けるDaito Manabeや、テクノDJ MAYUDEPTHとメディアアーティストJACKSON kakiによるコラボレーションパフォーマンスがラインナップされているとのことだ。

こちらのイベントについても専用サイトからの申し込み(入場料3,500円)が必要となる。

「Talks, Installations + Meet Up DIG SHIBUYA 2024 Opening Session」チケット

「Talks, Installations + Meet Up DIG SHIBUYA 2024 Opening Session」のチケットとイベント詳細はこちら

「DIG SHIBUYA 2024 OPENING PARTY」チケット

「DIG SHIBUYA 2024 OPENING PARTY」のチケットとイベント詳細はこちら

「DIG SHIBUYA 2024」開催概要

  • 正式名称:DIG SHIBUYA 2024(ディグシブヤ)
  • 開催日程:2024年1月12日(金)から1月14日(日)の3日間
  • 開催場所:渋谷公園通り周辺エリア、代々木公園ケヤキ並木、渋谷区立北谷公園、などの公共スペースや周辺のギャラリースペース、Spotify O-EAST他
  • 参加費用:無料(ただし、一部のプログラムは有料)
  • 主催:SHIBUYA CREATIVE TECH実行委員会
  • 共催:渋谷区
  • 協賛:ディアジオジャパン株式会社、日本航空株式会社、サンフロンティア株式会社、TikTok Japan、東急株式会社、東急不動産株式会社、Worldcoin(Tools for Humanity Corporation)
  • 協力:IYOSHI COLA、ニッチャートラベル、パナソニック コネクト株式会社、ポケトーク株式会社、RISE & WIN Brewing Co.、東急ホテルズ&リゾーツ株式会社
  • ベニューパートナー:Centrum Studio、エッグフォワード株式会社、株式会社丸井グループ 、一般社団法人渋谷駅前エリアマネジメント、渋谷パルコ、渋谷スクランブルスクエア、SLOTH
  • メディアパートナー:あたらしい経済、Beyond、CoinDesk、Interfm、TimeOut
  • 後援:一般財団法人渋谷区観光協会、一般社団法人渋谷未来デザイン
  • 助成:令和5年度日本博2.0事業(補助型)(独立行政法人日本芸術文化振興会/文化庁)
  • 連携協力:シビック・クリエイティブ・ベース東京[CCBT](CCBT主催事業)
  • 特別協力:渋谷公園通り協議会、渋谷公園通商店街振興組合、渋谷センター商店街振興組合、渋谷道玄坂商店街振興組合
  • アート企画・回遊施策企画:スタートバーン株式会社(FUN FAN NFT提供)
  • 事務局:株式会社シブヤテレビジョン
  • 企画・広報:indigo株式会社
  • URL:https://digshibuya.com
  • instagram:https://www.instagram.com/digshibuya/

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【随時更新】2024年 暗号資産/ブロックチェーンなどWeb3領域の主要カンファレンス日程まとめ

今年2024年も国内外で様々な暗号資産(仮想通貨)/ ブロックチェーンなどWeb3領域のカンファレンスの開催が予定されています。この記事では今年の主要なイベントについてご紹介します。今後こちらの情報も随時更新していく予定です。ぜひブックマークしてご利用ください(最終更新2024年1月26日)。

HTXが「HTX DAO」ローンチ、ガバナンストークン「HTX」も発行へ

海外暗号資産(仮想通貨)取引所のHTXが、HTX DAOの設立およびガバナンス機能付きプラットフォームトークン「HTX:HTX DAO」を発行し、独自に発行しているプラットフォームトークンである「HT:Huobi Token」からの移行を発表した。HTX DAOは1月18日に設立され、トークンの移行に関しては1月20日に発表されている

NFTのビジネス活用が学べるイベント「NFT meets BUSINESS」2/6開催、クリプトリエ新サービス発表も

NFTのビジネス活用が学べるイベント「NFT meets BUSINESS 2024 produced by cryptolier」が、東京ミッドタウン日比谷で2月6日に開催される。web3に関するコンサルティングや開発事業を手掛ける、株式会社クリプトリエが「NFTのビジネス活用を”今”からはじめよう」をテーマに主催するイベントだ。

Web3メディアに携わってきた3人が来年のトレンド大予想!「EXODUS」公開収録 & Centrum 大忘年会 12/23 開催

「あたらしい経済」編集長の設楽悠介と、元コインテレグラフジャパン編集長で、現在 dYdX Foundation Japan Lead を務める大木悠氏の人気ポッドキャスト番組「EXODUS」。この番組の公開収録イベントが、 12/23(土)夜に渋谷  Centrum で開催される。

[締切間近] 熊本県主催「NFT×球磨焼酎」イベントがリアルとメタバース開催!リアル会場では試飲会も(12/13 18:30-)

熊本県のDX公募型実証事業の一つ「NFT・メタバースを活用した球磨焼酎のブランド力向上」の取組みの一環として、案内人が語る球磨焼酎の魅力紹介や、web3や地方創生の先駆者によるトークセッション、さらには様々な球磨焼酎の試飲もできるイベントが12月13日に開催される。熊本県主催で、イベント企画・運営をみずほ銀行が実施するイベントだ。

日本のWeb3の未来を一緒に盛り上げたい。Web3ウォレット開発の「Blocto」が日本参入で目指すこと(郭巧童 / カク・ナオカ)

Bloctoは、今年日本支社を立ち上げた。今回「あたらしい経済」ではBlocto日本事業開発責任者である郭巧童(カク・ナオカ)氏を取材。郭氏に、日本の市場をどう捉えているのか、そして今後どのようなサービスを展開していくのか、ウォレットのアップデートなどの最新情報も含めて、語っていただいた。

Sponsored