仏ソシエテ、イーサリアム上でユーロ建てグリーンボンド発行

取引額は約16億円で満期は3年

仏大手銀行ソシエテ・ジェネラル(Societe Generale)が、イーサリアム(Ethereum)上でユーロ建てグリーンボンドを発行したことを12月4日発表した。同ブロックチェーン上でグリーンボンドを発行するのは同社初となる。

この債券は「サステナブル&ポジティブ・インパクト・ボンド(Sustainable and Positive Impact Bond)」と名付けられ、同社暗号資産(仮想通貨)部門SGフォージ(SG Forge)がセキュリティトークン(ST)として11月30日に発行したとのこと。同STは1,000万ユーロ(約16億円)の優先無担保社債で、満期は3年だという。

また同STは、機関投資家のAXAインベストメント・マネジャーズ(AXA Investment Managers)とジェネラリ・インベストメンツ(Generali Investments)が私募を通じて全額引受済だという。

なお債券の正味収入に相当する金額は、同STの枠組みで定義される「適格なグリーン活動」の資金調達または借り換えにのみ使用されるとのことだ。

ソシエテ・ジェネラルはまた、「発行体と投資家のためのデータリポジトリと認証ツールとして」ブロックチェーンを使用することで、ESG(環境・社会・ガバナンス)とインパクト指数(事業や活動の結果として生じた、社会的・環境的な変化や効果を示す指標)に関する透明性を世界規模で促進すると述べている。

また同STのスマート・コントラクトには、カーボンフットプリントに関する情報が紐づけられており、24時間365日オープンアクセスで利用可能だ。これにより、発行体と投資家は、債券に関する炭素排出量を測定することができるという。

ソシエテジェネラルについて

ソシエテ・ジェネラルは、フランスにおいてBNPパリバに次ぐ大手銀行だ。またSGフォージは今年7月、仏金融規制当局からデジタル資産サービスプロバイダー(DASP)の認可を受けた。なおフランスの金融当局よりライセンスを取得したのは、SGフォージが初の事例となった。

また同社は2021年4月に、テゾス(Tezos)のパブリックブロックチェーン上にセキュリティトークンを発行している。その際に発行されたトークンは500万ユーロ(当時約6億円)相当の仕組み商品としてグループ会社のソシエテ・ジェネラルアシュアランス(Societe Generale Assurances)が全額取得したとのこと。

ソシエテ・ジェネラルアシュアランスについては、2019年4月にイーサリアムブロックチェーン上で1億ユーロ(当時約130億円)相当のカバーボンド(債権担保付き社債)のセキュリティトークン発行や、フランスの中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実験として2020年5月に4,000万ユーロ(約50億円)相当のカバーボンドセキュリティトークンを発行している。

ソシエテ・ジェネラルは4月、SGフォージを通じユーロ(EUR)建てのステーブルコイン「EURコインバーチブル:EUR CoinVertible」を発行している。

関連ニュース

参考:ソシエテ・ジェネラル
image:iStocks/nevarpp

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表