Web3開発インフラ「Bunzz」とJapan Open Chainが業務提携

BunzzとJapan Open Chainが業務提携

Web3開発インフラ「Bunzz(バンズ)」を運営するBunzzが、「ジャパンオープンチェーン(Japan Open Chain)」のコンソーシアムを運営・管理する日本ブロックチェーン基盤社とのパートナーシップ締結を11月28日発表した。

この提携により、Web3に参入したいプロジェクトをワンストップで支援する体制を構築するとのこと。BunzzがWeb3の事業立ち上げフェーズのコンサルティングとシステム開発周りの技術提供をし、日本ブロックチェーン基盤社がプロジェクトの展開先チェーンとして「ジャパンオープンチェーン」を提供するとのことだ。

具体的には、「Web3事業コンサルティング」、「Web3事業のシステム開発」、「Web3事業のPoC開発」、「技術的に高度なWeb3事業の研究開発」を提供する予定とのことだ。

「Bunzz」は、ブロックチェーン関連事業のシステム開発に必須なスマートコントラクトが手軽に利用できるプラットフォーム。現在15,000人以上のWeb3開発者が利用し、「Bunzz」からブロックチェーンに展開されたweb3プロジェクトは4,500を超えているとのこと。

また「Japan Open Chain」は、昨年4月にベータ版を公開したイーサリアム・バーチャル・マシン(EVM)互換の国産ブロックチェーン。開発元はジーユーテクノロジーズ(G.U.Technologies)となっており、同社関連会社として同チェーンのコンソーシアム運営・管理とトークン発行体を担う日本ブロックチェーン基盤社がある。

なお「Japan Open Chain」は運営者ノードであるバリデータ、ノード、サーバのすべてを日本国内で運用することで、法的・技術的に安心して利用できるブロックチェーンネットワークの構築を目指しているという。

「Japan Open Chain」のバリデータとして現在、ソニーグループ内スタートアップのコーギア・電通・ジーユーテクノロジーズ・みんなの銀行・オプテージ・ピクシブ・京都芸術大学、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)の8社が共同運営をしている。なおバリデータは最大21社、ネットワーク参加者は100社程度まで拡大するとのことだ。

なおジーユーテクノロジーズは、「Japan Open Chain」について「パブリックチェーン」と表現している。言葉の定義にもよるが、一般的にパブリックブロックチェーンはマイナーやバリデータをパブリックにしてコンセンサスアルゴリズムでトラストレスを目指している仕組みを指すと考えられ、バリデータを制限する「Japan Open Chain」は、コンソーシアムブロックチェーンと捉えるのが正しいだろう。

関連ニュース

参考:日本ブロックチェーン基盤
images:iStocks/ttawit.21

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored