Oasys(OAS)、クロスチェーン決済ソリューション「Singularity」と提携

OasysがSingularityと提携

ゲーム特化型ブロックチェーンOasys(オアシス)が、クロスチェーンペイメントソリューション提供のSingularity(シンギュラリティ)とのパートナシップ締結を11月7日発表した。

この提携によりオアシスは、エコシステム内でのシームレスなペイメントUX実現を目指すとのこと。

シンギュラリティのペイメントソリューションは、異なるチェーン間でのトークンのスワップやブリッジ、ネットワーク切り替えを自動で実行することで、ユーザーによるそれらの操作の省略が可能であるとのこと。なお同ソリューションは、クレジットカードでの法定通貨決済にも対応しているという。ただし日本居住者はシンギュラリティのソリューション利用は制限されているとのこと。

オアシスエコシステムでは、オアシスのレイヤー2「バースレイヤー(Verse-Layer)」やコンテンツが増えていくことが想定されるが、シンギュラリティ導入により、異なるチェーンでの決済がシームレスに完結可能になることでUXの大幅な改善が見込まれるとのことだ。

発表によるとオアシスエコシステムでのシンギュラリティ最初の導入事例として、「バースレイヤー」上で稼働するL2ブロックチェーン「ホームバース(HOME Verse)」でリリースされる予定のオンライン対戦RPGゲーム「9Lives Arena」のNFT購入にて、年内にも活用開始が予定されているとのことだ。

オアシスとは

オアシスは「Blockchain for The Games」をコンセプトに開発された独自のゲーム特化ブロックチェーンだ。「OAS」はオアシスのネイティブトークンである。L1(レイヤー1)上におけるトランザクション手数料の支払い、ステーキング、ガバナンス投票などに使用できるという。

またオアシスのバリデータにはスクウェア・エニックス、セガ、バンダイナムコ研究所、Ubisoftなどの国内外大手ゲーム会社の他、ソフトバンクやKDDIなど合計23社が参画している。

関連ニュース

images:iStocks/pgraphis

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない