マスターカード、暗号資産決済ムーンペイと提携

マスターカードとムーンペイが提携

暗号資産(仮想通貨)決済プロバイダのムーンペイ(MoonPay)が、決済大手の米マスターカード(Mastercard)との提携を10月26日発表した。

発表によるとこの提携によりムーンペイは、「マスターカードクリプトクレデンシャル(Mastercard Crypto Credential)」が利用可能になるとのこと。「マスターカードクリプトクレデンシャル」は、ブロックチェーン技術での取引の信頼性を高め、取引をより便利にするマスターカードの取り組みだ。

またその他にも両社はムーンペイのweb3スタックを、米国内のリアルタイム送金を可能にする「マスターカードセンド(Mastercard Send)」やオンライン決済ツール「クリックトゥペイ(Click to Pay)」と統合する方法についても検討するとのことだ。

ムーンペイは、マスターカードの製品とソリューションの導入に緊密に協力し、暗号資産業界全体の信頼性とコンプライアンス、効率性をさらに高めると述べている。

ムーンペイの共同創業者兼CEOのアイヴァン・ソト=ライト氏は「Web3とデジタル経済の著名なサポーターであるマスターカードと協力して、顧客ロイヤルティとエンゲージメントを再定義できることに興奮している」とリリースでコメントしている。

昨年6月にマスターカードは、複数のNFTマーケットプレイスらとマスターカード決済の導入に取り組むにあたり、ムーンペイと連携することを発表していた。

関連ニュース

参考:ムーンペイ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/jir

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している