Uniswap創設者がテストトークン「HayCoin」をバーンし、価格急騰

ヘイデン・アダムス氏が「HayCoin」のほとんどをバーン

大手DEX(分散型取引所)のユニスワップ(Uniswap)創設者ヘイデン・アダムス(Hayden Adams)氏が、過去にテストトークンとして発行していた「ヘイコイン:HayCoin(HAY)」の総供給量のうち99.99パーセントを10月21日にバーン(焼却)した。それにより「ヘイコイン」の価格が急騰した。

「ヘイコイン」は、アダムス氏が2018年にユニスワップの当時のプロトコル「ユニスワップv1(Uniswap v1)」の流動性プールをテストするために発行したトークンだ。当時はイーサリアム(Ethereum)のガス代は安く、メインネットでテストが実行できたため、「ヘイコイン」はメインネットで発行されたとのこと。

その後同トークンは「ユニスワップv1」から「ユニスワップv2(Uniswap v2)」へプロトコルを移行するコントラクトのテストでも利用されていた。

なお同トークンのアイコンは、アダムス氏をモチーフにしたものとなっている。

現在同トークンはミームコインとして取引がされており、これまでは発行量のうち99.99パーセントがアダムス氏のウォレットに保有されていた。

アダムス氏は自身のX(旧ツイッター)で「結局のところ、私は人々がミームしたり投機したりするトークンのほぼ全供給量 (~99.99 %)を所有することに不安を感じたので、全額をウォレットに入れて燃やすことにしました」と述べた。

また同氏は「はっきり言っておきますが、私は今後関与するつもりはなく、財布の中のHAYはすべて燃やしてしまったので、それについて推測するのは愚かだと考えています」とも述べている。

またアダムス氏は、トークンのアイコンを同氏に関係ない画像にすることを希望しており、同氏の写真が利用された場合は画像の削除を検討するとしている。

「ヘイコイン」はバーンが行われた後に価格が急騰しており、現在でもバーンが行われる前に比べて約4.4倍の価格である1HAY約306万ドルで取引が行われている。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStock/OlgaMiltsova・dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored