Uniswap v4、リリースはイーサリアム次期アップグレード「Cancun」後に

Uniswap v4のリリースはCancun後に

「ユニスワップv4(Uniswap v4)」のリリースにおける次のプロセスは、イーサリアム(Ethereum)の次期大型アップグレード「デンクン(Dencun)」の実装後に進むようだ。

ユニスワップ財団(Uniswap Foundation)のガバナンスリードであるエリン・コーエン(Erin Koen)氏は7月6日、大手DEX(分散型取引所)ユニスワップ(Uniswap)の新バージョンプロトコル「ユニスワップv4」のリリースに関するタイムラインを共有した。

コーエン氏によるとタイムラインにおける1つ目のマイルストーンは、先月6月に実施された「ユニスワップv4」の一般公開だ。

そして2つ目となるマイルストーンは「ユニスワップv4」の監査となるようだ。それにはイーサリアムの改善提案となる「EIP-1153」が同ネットワーク実行層の「カンクン(Cancun)」アップグレードの際に統合されることが条件として開始されるとのこと。同アップグレードは、最短で今年9月が見込まれているという。

また監査プロセスについては、推定で1~4か月かかることが推定されている。

この監査を経て、最後のマイルストーンとなる「ユニスワップv4」のプロトコルコードがデプロイされることになる。

なおイーサリアムは、実行層(EL:Execution Layer)とコンセンサス層(CL:Consensus Layer)の2つのクライアントを搭載したノードで運用されている。そのため「デンクン」アップグレードは、実行層のアップグレード「カンクン(Cancun)」とコンセンサス層のアップグレード「デネブ(Deneb)」、この2つのアップグレードを合わさり「デンクン」の名称となっている。

なお前述した「EIP-1153」は、一時的なストレージオペコードの追加をする提案である。

Uniswap v4の変更点

ユニスワップラボによると「ユニスワップv4」は、カスタマイズ性とガス代(手数料)効率の向上をテーマにしているという。V3に対して、いくつかの変更や新機能の搭載を行ったとのこと。

主な変更は「フック(hooks)」と「シングルトン(singleton)」の2つである。

「フック」は、取引の途中にコードを挿入することで流動性プールを独自にカスタマイズできるようにする機能だ。これによりボラティリティに応じた動的な手数料の導入やオンチェーン指値注文の導入などを実装した独自のプールが作成できるという。

また「シングルトン(singleton)」は、これまで流動性プールを作成する毎にスマートコントラクトを作成していた仕組みとは異なり、1つのスマートコントラクトで全ての流動性プールを管理することができ、それによりプールの作成にかかる費用を抑えることが可能だ。

なおその他には「ユニスワップv4」では、v3でサポートしていなかったネイティブのイーサリアム(ETH)をサポートすることが発表されている。なおv3ではwETHのみがサポートされている(v1・v2ではネイティブETHはサポートされていた)。

「ユニスワップv4」は、コミュニティの管理のもとビジネスソースライセンス1.1に基づいてリリースされる予定だ。ソースコードの商用または運用環境での使用が最大4年間制限された後、GPLライセンスに変更されるとのこと。

ちなみにGPLライセンスは、ソフトウェアの使用・改変・再配布を許可なく認めるコピーレフト型のライセンス。コピーレフトとは、著作権を保有したまま無償で広く普及させるという著作権における考え方の1つだ。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

    参考:ユニスワップガバナンス
    デザイン:一本寿和

    関連するキーワード

    この記事の著者・インタビューイ

    大津賀新也

    「あたらしい経済」編集部
    記者・編集者
    ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

    「あたらしい経済」編集部
    記者・編集者
    ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

    合わせて読みたい記事

    【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

    アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ